< りすりす通信モスクワ支局:2011年01月
2011年01月
2011年01月28日

インフルエンザが流行っています。

昨日(1/27)、保険局が
モスクワの全ての年齢層において、
インフルエンザが爆発的に流行していると発表しました。

昨年の猛暑の後、“この冬は観測史上最高の寒波が来る”という予測と共に
“インフルエンザが例年以上に流行する”との予測もされていましたが
(今の所)前者は外れていますが、後者が当ってしまったようです。

記事によると

==========

今週、モスクワ居住者の全ての年齢層において
季節性とH1N1型(所謂ブタインフル)のインフルエンザウイルス
サーズ(SARS)感染が大流行の域に達した。
ただし、H1N1は1%を超えていない。

病院には、毎日300人近い人がインフルエンザか呼吸器系の感染で運ばれて来る。
入院する3分の2が子供。

病院ではこの冬の準備を整えており、
200万人以上のモスクワ市民が、既にワクチンを打っている。

予防として、鼻うがいやマスクが推奨されている。

ただし、マスクは病人の周りでは効力がないとされているので
喉を温めたり潤したりする手段として推奨されていると思われる。


参考:INFOXMed Novosti

==========

寒さ対策や、乾燥対策は個人でも出来るけど
メトロ等、空気の流れの非常に悪い所ではウィルス感染の可能性も高そう。。。

日本でもインフルエンザが流行っているらしいですが
在モスの皆様、お気をつけ下さい。

こちらの病院にかからなければならない様な状態には
あまりなりたくないですものね。。。(ーvー;)


もう一つ。。。

JALからテロ後の空港の様子と運行状況のお知らせが来たので
念のため、貼っておきます。

==========

  1.      空港のセキュリティ体制について

空港周辺およびターミナル施設立入時の検査については、出入り口を限定した上
で、全ての立入者に対しエックス線および金属探知機の検査が実施されています。検査に時間を要することもありますので、ご出発のお客様は時間に余裕を持って空港へお越し下さい。
なお、出国時の手荷物検査や保安検査の方法は通常どおりですが、検査の確実な
実施が指示徹底されています。(ドモジェドボ空港では、従来より最高水準の検査機器が使用されております。)

  2.      国際線到着エリアについて

   今回直接被害のあったエリアは閉鎖されていますが、出発ロビー寄りに新たな
  税関ブース(従来と同程度の処理能力)が設置され、以前と同じレベルの到着動線が確保されています。
   ただし、受託手荷物引取りのターンテーブルが1台利用できなくなっているこ
  とから、到着便集中時には混雑も想定されます。
   また、到着ロビーから駐車場への通路が閉鎖されているため、チェックインエ
  リアにあるターミナル正面の出入り口をご利用いただくこととなります。

  (参考)到着エリアの見取り図
0128
クリックで拡大出来ます。

  3.      航空機の運航について

      セキュリティの強化および到着税関施設の回復の結果、各航空会社も爆破以前の平常な運航に戻っています。
1月29日(土)以降の弊社モスクワ=東京線に関しましても、通常通りの運航を予定いたします。
  なお、最新の発着情報につきましては、JALロシア地区ホームページ内の「運航
の見通し」をご参照ください。

Japan Airlines International Co., Ltd.
Moscow Office
Tel: +7-495-730-3070
Fax: +7-495-956-4759
e-mail: russia@jal.com
URL: http://www.ru.jal.com


==========

最後に明るい話題を。
CSKAの本田選手、来季もモスクワ見たいですね。
リクリエーションの少ない、在モス邦人にとっては嬉しいニュースでしょう。
掲載記事

明日は、その本田選手も出場する対オーストラリア戦です。

今週は辛い週でしたが
心と体を休めて、良い週末を。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 23:18│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース | 医療・健康
2011年01月27日

イタリア旅行(8)最後に。。。

まだ続いてました。。。(^^;)

前回の記事で、私が分からなかった超有名観光名所は
パンテオンでした。
Twitter、コメント、拍手欄、メッセージ等で
沢山の方に教えて頂き、ありがとうございました。m(__)m
分かってみると、知らない。。。と言うのが恥ずかしい程の名所でございました。。。
(^^;)




今回の旅行は

まず前半はかなり寒かった。

そして、そもそも風邪を引いていた。

という状況だったので、最初からテンションは低め

「イタリアで食べる料理にハズレは無い」byぶひ

という噂もハズレがちで、
パスタの麺とナポリ近辺でのピザは、大体“アタリ”だったけど
それ以外は、
ちょっとハズレ気味?とか
ハズレではないけど特筆すべき点も無く。。。みたいな。。。

とにかく、これまでの私の唯一のイタリア旅行(2時間)で
偶然通った田舎町の、適当に入ったレストランでのパスタが
感動の美味しさだっ
たので(遠い思い出の為装飾されてる可能性もありますが。。。)
ちょっとハードルが上がっていたのかもしれないけどね。

でもね、どこのレストランでも大体美味しかったのは

カプチーノ。

ただ苦くて濃いだけのエスプレッソと泡立ち牛乳混ぜた。。。
って感じの残念なカプチーノにはほとんど会わなかった。

フォームミルクの奥に
キチンとコーヒーの苦味とコクと酸味もあって

おお、流石は本場!

と、静かに感動していた。



さて、突然ですがここで。。。



りすりすラテアート・コンテスト〜
フパフ

まず、こちらはワタクシ、りりの1作目。

0126_7

なんとな〜く。。。分かってもらえるかな。。。(ー∀ー;)


それを見ていた“奴”が

「ぶひのは立体だよっ!」

と、得意げに出して来たのが、コレ


0126_6


。。。

りすの遺跡ですか。。。(ーー;)


闘志を燃やした、りりの2作目

0126_5

これはなかなかじゃないですか〜?!じがじさん!!(^^;)


最後に物色品をご紹介。

あんまりお土産は買わなかったんだけど
アマルフィに近い、ソレントと言う街で見かけた
特産工芸品の寄木細工。

見ているうちに木目と色合いが気に入って来て。。。
でも、所謂お土産用ではなく、ちゃんとしたのが欲しいなぁ〜と思い
ホテルの人に工房を紹介してもらって
大物を買ってしまった。。。(ー∀ー;)

0126_1

トレー(上)とサイドテーブル型のオルゴール(下)。

0126_2

オルゴールの柄と

0126_3

トレーの柄。

ちなみにオルゴールの音楽は「帰れ、ソレントへ」。



最初は違う曲が入ってたんだけど
映画「ゴットファーザー」を思わせる哀愁漂う曲調が気に入って
その場でオルゴールだけ付け替えてもらったのね〜♪^^

そして、ローマの食材店で見つけたオリーブオイル。

0126_4

LAUDEMIO。
これで20ユーロと少し高めなんだけど
もの凄く美味しい!
日本でも4千円くらいで売ってたと思うけど
コレはとにかく、油ではなくソース!って感じ。
爽やかなリンゴみたいな香と、後から来るスパイシーな感じがなんとも言えん!
このまま飲めるよ!

オススメでっす♪

イタリア旅行記、本日で終わりです。
御付き合い頂き、ありがとうございました〜。^^


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:05│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 旅行 
2011年01月26日

空港テロで思うこと。

今日のモスクワ市内、完全に平常です。

地下鉄は警戒が強まっているかも?とも思ったが

01251

それもなく、警官の姿はむしろいつもより少ない様にも感じられた程。

01252

ま、昨日のテロの後でも
そのほんの数時間後には、ドモデドボ空港も通常運行に戻っていたので
街の中にパニック等ないのも当然かもしれないけど。

こういう時のロシア人のリカバリーの早さは
とにかく尋常じゃない。
昨年の地下鉄テロの時も同様に、あっという間に平常に戻って
ビックリしたもんだ。。。


タクシーの“ぼったくり”も昨年のテロと同じ。

今回は空港から市内まで700ドルも吹っかけたと言う記事が出ていた。
直後に空港と市内を結ぶアエロ・エクスプレスが無料運行を始めたが
タクシーを使わざるを得なかった人もいる筈。

ロシア人は
個人レベルで付き合うと「良い人が多い」と思っているだけに
タクシーを生業としている人の背景がどんな状況であれ
“悲劇”を“好機”と捕らえて人の足元を見る様な考えに至るのは残念。


昨日も書いたけど、テロが起きたのは午後4時半頃。
東京からのJAL便が着いたのは、わずか1時間ちょっと前の午後3:16。
これは予定到着時間よりも少し早い。
ロシアのパスポート・コントロールが異常に時間が掛かる事や
時には荷物が紛失する事も珍しくない事を考えると
到着から1時間余りでの爆発は、まさに危機一髪以外の何者でもない。

しかも、その僅か1時間後には東京に向かって離陸。
確かその時点では、当地でもテロとの報道も無く、
“原因の分からない大爆発”の惨事を後に、クルーは出発し
乗客は機内でニュースを聞かされたと言う訳だ。
上空で知らされた乗客も驚いただろうが
爆発の事実を(恐らく)知りながらも搭乗したクルーは
一体どんな気持ちだったんだろう、と思ってしまう。


こういう事件が起きると

「邦人の被害者は。。。」

というフレーズが必ず出て来るし
これは、必ずしも心地の良い響きではない。

だって、人の命は人種や国籍で区別されるものじゃないもんね。

でも、今回の件に関しては、邦人が巻き込まれる可能性が
非常に高かった。。。
むしろ、被害者が居なかったのが奇跡とさえ思える状況で
邦人がどうであったのか、と言う事は非常に大きな関心を持って追っていた。

実際、JAL便で到着した日本人ツアー客の
通訳をする予定だったロシア人女性が残念ながら亡くなられた。
これはかなりショックな事だよね。
掲載ページ


JALのモスクワ便を使った事がある人なら分かると思うけど
この時間帯は欧州の都市から到着する便が重なって、かなり混雑する。
これも地下鉄の時と同じ。
まさにその“ラッシュ”の時間を狙われたんだ。

使われた爆弾も地下鉄の時同様、TNT。
しかし、量は地下鉄の時より多い7kg。
ちなみに地下鉄では
Lubyanka駅で4kg、Park Kultury駅で2kg使われていた。



めどべーは空港のセキュリティーに違反があると怒ってるみたい。

出国の入り口には厳重なセキュリティー・チェックがあるが
到着の入り口のセキュリティー・チェックはあまり厳重でない。

ま、だから7kgものTNTが持ち込めたんだろうけど。。。

でも、そこですかね?


ぷーちゃんも

『テロに対する報復は不可避である!』

とか言っちゃってるらしいけど。。。
掲載ページ

本当にそこですか?


今までも、事あるごとに報復してましたが
何か進展ありましたかね。。。?


それから
ロイターのモスクワが出したこの記事

『イスラム系サイト「kavkazcenter.com」に自爆攻撃を賞賛する文言がロシア語で複数書き込まれている。』

この部分、完全な“ガセ”だと、当のKavkaz Centerが言明している。
ロイターが出した“ガセネタ”を日本を含む複数国のメディアが
そのまま翻訳して報道してる。。。と。

こういう小さな嘘が(小さくないけど)
積もって
溜まって
おかしな塊が作られて

爆発するんじゃないだろうか。。。

何が真実か
誰が悪いのか
メディアに乗る被害者だけが被害者なのか

こういう時こそ、冷静に
色んな方向に思いを馳せて考えてみたい。

犠牲者の方々のご冥福を、心からお祈りします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 02:03│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2011年01月25日

テロ、再び。

また起こってしまいました。

ご連絡頂いた方、
ご心配頂いている方、

ありがとうございます。

私は無事です。


今現在の死者31人。
最低1人の自爆テロに寄るものということです。

日本人で犠牲になった方は、今の所確認されていないようです。

爆発が起こったのは国際線到着ホール。
16:30頃の事です。
今日は、JALが日本からの到着する日でした。
今日のJAL到着時間は15:16だったようです。



大使館からの連絡が来ましたので貼っておきます。

==========
2011−2
在留邦人の皆様へ
平成23年1月24日
在ロシア日本大使館領事部

緊急のお知らせ(ドモジェドボ空港における爆発事件発生に伴う注意喚起)

報道によれば本日(24日)16時32分,ドモジェドボ空港においてテロによ
る爆発があり,160名以上が死傷しました。事案の詳細及び巻き込まれた邦人が
いないかについては現在大使館で鋭意確認作業中ですが,邦人の皆様におかれまし
ては,事案の内容が判明するまで公共交通機関の利用を含め行動について十分ご注
意ください。
また,周囲に連絡のつかない邦人がいる場合には,大使館領事部までご一報くだ
さい。

以 上

送信元:在ロシア日本大使館領事部
電 話:(495)229-2520
FAX:(495)229-2598
http://www.ru-emb-japan.go.jp
ryojijp@mw.mofa.go.jp

==========

取り急ぎ。

また何か分かりましたらアップします。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 01:14│ブログランキングPermalinkComments(25)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 治安・安全 | ニュース
2011年01月24日

イタリア旅行(7)再びローマ

イタリア旅行記、まだ続いてました〜。(^^;)


さて、南イタリアでの恐怖のドライブ旅行を終え
まだほとんど観光らしい観光もしていないローマに戻り
定番中の定番を見学。

まずはショッピングモールへ♪

012401

と言っても、今は何も売ってないけどね。
世界最古のショッピング・モール、トラヤヌスの市場
2世紀初頭に造られたらしい。


このすぐ先には

012402

コンスタンティヌス帝の凱旋門
3世紀初めのもので、3連のアーチが特徴で
パリの凱旋門もこれをモデルにしたんだそうな。

そしてこの凱旋門の横には

012403

説明無用のコロッセオ
その用途も含めて、映画「グラディエーター」で大分有名になったよね。
もちろん、そのずっと前から有名だけど。。。

外壁を見ると。。。

012404

じゅ。。。銃弾の様な穴がボコボコと。。。(((( ;゚д゚)))

クロアチアを旅行してから
すっかりこの手の傷跡に敏感に反応してしまう。。。

しかし、これは銃弾にあらず。(^^;)
建設&修復時につかう足場の木材を挿入するための穴なんだって。
。。。てか、こんなにボコボコ空けんでも。。。台無しやがな。。。(ーー;)

かつては大理石で表面を覆っていたため
それを取り付ける為のボルトがはめられていた、という説もあるみたい。

しかし、このデカいのが全部大理石で覆われてたとしたら。。。
どんだけ豪華だったんでしょう。。。コロッセオ。。。

ちなみに、現在の姿はほとんどコンクリートなのだが
それは、バチカンのサンピエトロ寺院等を建築する際に
ここの大理石をひっぺがして作ったからだと言う事。

残念!大理石のコロッセオ見てみたかったね〜。

さて、シーズンオフだと言うのに
鬼の様に並んだチケット売り場の列を乗り越えて
コロッセオの中へ。

012405012406

ひゃぁ〜〜、スゴい。デカい。



012408

流石はキャパ45,000人の劇場。

アリーナ部分にむき出しになって見えるのは地下。
所謂“奈落”って奴。

012407

ここにライオンやら豹やらの動物が待機させられて
リフトで地上階の舞台の上へ放たれるってぇ〜スンポウでぃ。

てか、その演出がスゴ杉。。。
今もバリバリ使われている手法ではねぃの。。。

当時の出演者の方の形見も展示されております。。。

012409

どなたの頭蓋骨かしら。。。
牙が鋭ぅございます。。。

そしてこんな物も。。。

012410

く。。。くるみっ

まさか、あのお方も戦われたのでわ

あのお方


0118e


あのお方が勝たれたに相違ございません。
なんせ、あのお方には
目を合わせると一瞬にして戦意を喪失させるという技がごさいますので。。。
萌えーー(ーー

それはさておき。。。(ー∀ー;)

012411

ポンペイやエルコラーノで見た様なモザイクもあった模様。


そしてコロッセオから少し行くと

012412


ボロロマーノフォロロマーノ。


012413

なんでしょう。この、今でも人が住んでいそうな存在感。(ーー;)

012414

この巨大なのは

012415

マウセンティウス帝のバジリカ。
バジリカって何??→Wikiでチェック〜

夏にはここでコンサートなんかも開かれるんだって。
雰囲気出そ〜。

細かく見ても

012416
ティトゥス帝の凱旋門。。。多分。。。(^^;)

スンバラシイね〜。

まだまだこの辺りには沢山の遺跡があって
全部紹介してたら
「イタリア情報ブログ(付け焼き刃)」
に、なってしまいそうなので、この辺で。。。

それにしても恐ろしいね、イタリア。。。

ローマと言う大都会の中に
これだけ沢山の遺跡がある。

ホント、どこを見ても遺跡だらけ。
有名無名、数限りない。

最後に。。。

「りりちゃん、ここだけは見なきゃ!」

と、ぶひに言われて連れて行かれた所。

012418

おおお〜〜!

「ガイドブックでも三ツ星なんだから!」

012417

ほっほぉ〜〜〜!

「ね、すごいでしょ!」

012419

「これももの凄く古いんだよ」

なるほどね〜〜〜〜!!!


ところで、ぶひさん。。。

我々が最後に見たこの建物。。。


012420


なんだったでしょうか?(ーvー;)

ガイドブックで調べても分かりませんでした。
ご覧頂いたら、コメントにてお知らせ下さい。

アナタの親愛なるバートナー、りりより。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 23:59│ブログランキングPermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 旅行