繊維筋痛症って、知ってますか?ロステレコム杯
2009年10月16日

バリア@モスクワ/東京

モスクワの街を
ハンデキャップを持つ人が歩き回るのは大変だろう。

車椅子の人を始め
お年寄りや
バギー(乳母車)を引いている人。

地下鉄の入り口からホームまでは、
たいていの場所ではエスカレーターがあるが
乗り換えで、違う路線に移動する時は
ほとんど場所では階段しかない。
大通りの地下を横切る地下道は
階段にバギー用の補助がついてはいるものの

barrier1

4輪のバギーは良いが
最近流行の3輪のバギーは、これでは使えない。

歩道も注意が必要だ。
何しろ、縁石の高さが半端じゃない。

barrier2

20cmくらいある所がザラ。
場所によってはもっと高い。

車いすの人は、こういう場所どうやって乗り越えるのだろう?
と、常々思っていたが、
先日、とうとうその場面を目撃した。

車いすに座った男性は、人が通りかかるのを待って声を掛け
手伝ってもらって、その歩道をおり、
3m程先にある次の歩道に乗り上げるのを
手伝ってもらっていた。

私が見ていたのはそこまでだったが、
その10m程先では、その歩道は終わり
歩道をおりて、道を渡らなければならない。

その男性は、きっと、そこでも誰かに声を掛け
助けを求めるのだろう。
ほんの15m足らずの道のりを
あの男性は何度も他人の助けを借りなければ
移動できないのだ。

どうりで
モスクワの街で車椅子の人はあまり見かけないはずだ。

その点、日本では
だいぶバリアフリーという意識が高まって来ている。
駅のホームにもエレベーターが多くなって来ているし
車椅子を補助する機械も階段に取り付けられている。
それでも、欧米と比べるとまだまだという感じは否めないが、
これからも、どんどんバリアフリーになっていくのだろう。

と。。。ここまでは、ハードのお話。

では、ソフトは?

ロシア人は確かに無愛想で、みんな不機嫌な顔をしている。
メトロの車内でも不機嫌顔の人が多い。

しかし。。。
お年寄りはもちろん、自分より年配の人が乗ってくれば
躊躇なく席を立つ人が多い。
その際、席を譲った方も、譲られた方も
当たり前のようにしていて、
『どうぞ』も
『ありがとう』も、ない事が多く
相変わらず不機嫌な顔のままだというのが少々気にはなるが
まぁ、そういう文化が
“ありがとう”にも値しない程“当たり前”
という意識が根付いてるとしたら
それは素晴らしい事だ。

一方、日本では。。。

目の前に、腰の曲がったおばあさんが立っていようが
知らんぷりの中年男性。
杖を持った男性が、全く目に入らない“様子”
大声でおしゃべりをしている女性達。
立っているのもやっとな位フラフラに具合が悪そうな女性に
全く席を譲る気配のない人達。
満員車内の優先席で、
ずぅぅ〜〜〜〜っと携帯メールを打っているサラリーマン。

本当に、日本に帰ってくる度に嫌な気分になる。


ーーハード(建物や道路)が酷い方が良いですか?ーー

ーーソフト(人間)が酷い方がいいですか?ーー


ハードがいくら良くても
駄目なソフトを使っていれば、
使い物にならないのはパソコンも同じ。

しかし、スローなハードでも、優秀なソフトであれば
それなりに使えるものだ。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 18:39│ブログランキングComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック ローカルの生活 | 治安・安全
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by シャーミン   2009年10月17日 02:55
ベビーカー用のこのレール、日本で大流行のマクラーレンやアップリカ等は車輪の幅が合わず、全く使えません。でも、いや〜ん、困ったわ!という顔をしていれば必ず誰かが助けてくれます。
それでも、やっぱりベビーカーでメトロでも移動はしんどいです。よって、わたくしは、限界まで抱っこ紐で頑張ります!
2. Posted by りり   2009年10月19日 09:14
シャーミンさん、
そうなんですよね〜。私の友達もマクラーレンとか多かったので、これを見るたびに「ああ。。これじゃ、◯◯ちゃんのバギーは無理だわ。。」と思っています。でも、確かにバギーの人はもちろん、荷物の多いお年寄りに対しても、誰かが助けている姿を良く見かけます。
日本では、バギーを一人で抱えて階段をおりている人の姿を良く見かけます。。。(ーー;)
シャーミンさん、ホントにだっこ紐なんですね!偉い!すごい!でも、Ugougo君も、そろそろだっこが厳しい程の大きさでわ。。。?(^^;)ガンバレ、シャーミンさん!!
3. Posted by Kazue   2009年10月22日 23:01
その後調子はいかがですか?あの怪しいクリニックに、帰国の際には行ってみたい…

妊娠中〜子連れお出かけ、苦労したことがありません。妊婦とみれば席を譲ってくれる人、子供を連れていれば助けてくれる人。
残念なことに最近は地下鉄の車内放送で、妊婦に席を譲るようRemindする風潮になってきましたが、日本での「立っている親子連れ・妊婦」よりも、ずっとレアケースですもの。。。
4. Posted by りり   2009年10月26日 21:14
Kazueさん、
おかげさまで、腰はかなり良くなりました。ありがとうございます。(^^)

ロシアも最近は席を譲らない人も多くなったと聞いていましたが、それでも、日本(東京)と比べると、ずっとマシですね〜。
もっと、日本人にも頑張って欲しいものです!!
5. Posted by lightnhopk   2009年11月05日 13:24
モスクワ在住の方で、バリアフリーについてブログにお書きになったのはりりさんが初めてでは? 
私はHNライトと申します。よろしくお願いいたします。
6. Posted by lightnhopk   2009年11月05日 13:27
実は私、旧ソ連時代にモスクワで、間を開けて二回、十年間生活しておりました。当時も今も車いすで生活しています。
当時、外国人向けではない現地の学校(日本の小・高に相当)を卒業した唯一の日本人で、車いすではモスクワで初と言われていました。
街を歩くにも、通学するにも大変でしたね^^; 友達に恵まれていたので、何とかなりましたが。まさに、フルバリアの街です。
7. Posted by lightnhopk   2009年11月05日 13:28

特に初冬や春先、雪がドロドロ状態の季節は、前にも後ろにも進めない状態に。
でも、帰国して大学に進学しましたが、状況的にはどこも同じだな、という印象でした。
ハード面で東京は、私が訪れたことのある欧州のどの都市よりも整っています。一方ソフト面では・・・、今一。日本は、何よりも精神的な圧迫感が大きいですね。ロシア人も、親切な人も多い中、「カタ●は家で寝てろ!」という考えは根深いようですが、日本と大きく違う点は、街中でも堂々と喧嘩(議論)ができ、そうなったら対等に渡り合えること。その一方で、黙って順番を譲ったり・・・。施しをすると功徳が積める、というロシア正教の教えもあるのかも。教会を見物に行くたび、ポケットは、紙幣やらパン、菓子が溢れました。信者が黙って入れていくのです。
今のオリンピックはパラリンピックと同時開催ですから、モスクワ招致はまだ先のことでしょうね。
8. Posted by lightnhopk   2009年11月05日 13:31
なかなか投稿が受け付けられず、切れ切れになってしまいました。

ご容赦をm(__)m
9. Posted by りり   2009年11月06日 15:34
HNライトさん、
初めまして。貴重なコメントありがとうございます。
ソ連時代の不自由な生活は、さぞ大変だった事と思います。大変興味深く読ませて頂きました。
私が“バリア問題”を考える様になったのは、米国で車いすの友達(日本人)ができてからです。彼は、自分で運転し、自分で好きな店に入り、週末にはバスケをしていました。私が日本に帰ってから1度だけ、彼の一時帰国で日本で会う機会がありました。そこで私は、日本の状況に愕然としました。米国では何でも人並み以上こなしていた彼が、出先でトイレに入る事さえ大変だったのです。もう10年以上前の事になりますが、日本の障害者用のトイレはあまりに少なく、車椅子で乗り越えられない段差が、あまりにも多かったのです。米国では、どこへ行っても車椅子の人を見かけました。でも、日本では滅多に見ません。それは“いない”のではなく、“出られない”のだ、とその時初めて気が付いたのです。
10. Posted by りり   2009年11月06日 15:39
NHさん、続き。。。
その後、日本も大分改善されて来たとは思います。おっしゃる通り、ヨーロッパでは、歴史的古さの建物が多いせいか、ハンデのある人にも優しいハードは少ないです。ただ、ソフト面では、圧倒的に日本よりも良いのではないでしょうか。やはり町中に車椅子の人を見るのは少ないですが、困っていれば必ず誰かが手を差し伸べています。一方、米国は、ソフトをも兼ね備えた国で、困っている人を放っては置きません。
日本には何でもあるけど、人の心が少ないと感じています。ハードはお金と少しの時間があれば変えられますが、ソフトの改善は良質なソフトでのみ成せる困難な作業だと思います。ロシアはこれからハードを変えて行けば良いですが、ソフトが日本と同じ道を辿らない事を願うばかりです。

長くなりました。(^^;)よろしければ、またお気づきの点等、コメント&ご教授下さいね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
繊維筋痛症って、知ってますか?ロステレコム杯