2010年06月17日

ロシアのお土産、案3。

知ってる人は知っている。
知らない人は知らないよ。

ロシアのお土産
ファベルジェのインペリアル・イースター・エッグ。

ファベルジェはロシア皇帝御用達の宝石商で
有名なインペリアル
・イース ター・エッグは
アレクサンドル3世が、妻のマリアへのプレゼントとして作られたのが最初。
その名の通り、イースターの時の卵をモチーフにした飾り物だった訳だが
その細工は非常に細かく、卵の中に馬車が入っていたり
ゼンマイ仕掛けで動く動物が居たり
しかも、それぞれとても精巧に出来ている。
これらの細工の事を“サプライズ”と言う。

現在ロシアのお土産として売られているのは
このファベルジェの卵をモデルにしたもの。
本物は、金銀宝石&エナメルで作られている、
とても庶民の手に入る様な代物ではなく
(実際、美術館等でしか見られない)
お土産用は、エナメルやメッキで作られたファベルジェ

と、言っても、お土産用も結構細かくて面白いのがある。

これは、高い品ではないが
(お土産用でも高いものは数万円するよ)

feberuge1


卵の開け口には、ちゃんとラッチが付いていて

feberuge3


中にはサプライズが仕込まれている。

feberuge4
実際にモスクワにある、ロシア正教の教会。

沢山買うお土産としては安くはないけど、
ロシアっぽいなぁ〜、と思わせる一品だよね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 23:58│ブログランキングComments(2)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ショッピング | モスクワ品質
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. ファベルジェの卵 シベリア横断鉄道 1900  [ CRAFTS DESIGN ]   2015年05月30日 18:27
共有 ファベルジェの卵 シベリア横断鉄道 1900 ( Faberge Imperial Eggs Trans-Siberian Railway 1900 ) ロシアを代表する貴金属工芸の名作、ファベルジェの卵シリーズです。 今回のエッグは、1900年制作の「シベリア横断鉄道 ( Trans-Siberian Railway ) 」です。 このエッ
2. ファベルジェの卵 巡洋艦アゾフ号 1891  [ CRAFTS DESIGN ]   2015年11月08日 16:17
共有 ファベルジェの卵 巡洋艦アゾフ号 1891 ( Faberge Imperial Eggs Memory of Azov 1891 ) ファベルジェの卵シリーズです。 ファベルジェの卵は、ロシアを代表する貴金属工芸の名作シリーズ。 ロシア王室ご用達であった、宝飾・金細工師、ピーター・カール・ファベルジェ
この記事へのコメント
1. Posted by toma   2010年06月18日 21:38
可愛いですね。
有名なイースターエッグ、きれいだなぁと思ってみるだけでしたが、お土産用に、こんな可愛いのもあるのですね。
自分用にも買いたくなります。
ロシア人の美的感覚は、すごいものがあると思うのですが、実生活では、ダサさの極致みたいな所もあって不思議です。
2. Posted by りり   2010年06月20日 02:10
tomaさん、
実を言うと、全く興味なかったんですが
NHKのファベルジェの番組を見て、
その繊細で精巧な本物のファベルジェの卵を見て、
すっかり魅せられたのです。
もちろん、本物は手に取ってみる事は出来ませんが、
ファベルジェ風なら。。。
と思って初めてお店で物色してみたのでした。(^^;)
いや〜、なかなかどうして、悪くないです!

美的感覚とダサさの共存!その意見、私も同意です〜。
ま、そこが面白い所でもあるかもしれないですよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字