2010年11月25日

ところで、その後のタクシー事情@モスクワ

モスクワでタクシーを使う事の難しさはと煩わしさは、以前の記事に書いた通り。

先日行ったフィギュアスケートのロシア杯
会場はモスクワ北部のメガスポーツという大きな競技場だった。
公共の交通機関を使って行けなくもないが
帰りが遅くなる事と、一人だった事もあって、両日タクシーを使った。

ショート・プログラムが行われた初日、
自宅にタクシーを14:30に呼んで会場へ。
女子シングルが終わったら帰ろうと考えていたが
何時に帰りのタクシーを予約して良いか分からず
取りあえず、少し早めの19:00にメガスポーツに迎えにくる様に予約。
実際は、女子シングルの終わりは20時過ぎだったので
1時間と少し待たせる事となった。

メガスポーツはとても大きな所で、入り口も何カ所か(多分2カ所)ある模様。
タクシーがどの場所で待っているのか不安だったが
この日のドライバーは会場へ送り届けてくれた時と同じドライバー。
私を降ろした場所で彼は待っていてくれた。

この様に、行きと帰りの予約の間が数時間あっても
同じドライバーが迎えに来てくれる事が多い。
違うドライバーであっても、降ろした場所をドライバー同士で引き継いで
同じ場所に迎えに来てくれたと言うケースもあった。

翌日のフリーが行われた日。
自宅にタクシーを呼んだ時間は15時。
帰りはメガスポーツに20時で予約。
女子シングルが20時過ぎに終わって会場を出ると
来る時に降っていた雨がミゾレとなって、かなり冷え込んでいた。
昨日と同じ様に、降ろしてくれた場所で待っていてくれている事を期待して
周辺を見渡してみるが。。。

いない。。。

ドライバーに電話をしてみる。

「どこにいるの?」(ロシア語)
「◎×▽※〜〜〜出口」(もちろんロシア語)
「出口?私、ここ、出口だよ。」(以下ロシア語)
「仝∀◎▲〜〜〜道?」
「道??!!!ええええ〜〜〜〜〜〜っと。。。」

周囲暗過ぎ&広過ぎで道の名前が確認出来ない。。。
仕方なく、iPhoneの地図で確認。

「え〜〜〜っとね、◯◯ストリート!」
「◯◯?≠▲※●¥%〜〜〜」
「えええええーーーーー。何言ってるか分かんない!」
≠▲※●¥%〜〜〜!バスバス!」
「バスぅ???ここバス沢山いるけど。。。?どこよ??」

ブチっ!


プー、
プー、プー、プー。。。


切れた。。。(ーー;)


仕方が無いので、タクシー会社のコールセンターへ電話。

「あー、もしもし?私、りりってんだけどさー」(英語)
「あ、りりさん。ご予約のりりさんですね。」
「そうそう。今の時間の予約なんだけど、車見つかんないんだけど。」
「ドライバーに連絡取ってみますので、お待ち下さい。」

ふぅ〜〜〜。。。助かった。。。

「お待たせしました、りりさん。」
「いえいえ。問題ないっすよー(寒いけど)」
「ドライバーは、りりさんを降ろした場所にいるそうです」
「あん?居ないけど?」
「バス停の近くだそうです。」
「えーーーっとね。降ろしてもらった場所の近くに、バス停ないですけど?」
「バス停見えませんか?」
「見えるよ、遠くに」
「バス停の近くらしいので、行ってみて下さい」
「いいけど。。。遥か向こうに見えるし
そこはアタシが降ろしてもらった場所からも遠いけど?
私が見てるバス停と、彼がいるバス停は同じバス停かしら????」
「バス停は一つしかありません。(キッパリ)」

傘を持つ手が段々冷えてしびれて来た。。。

「もしもーし!」
「はい?」
「今、バス停近くまで来ました。」
「近くで待ってます」
「全く見当たりませんが。。。(ーー)」
「。。。」
「。。。」


「あのーーー。根本的な質問ですが。。。」
「はい?」
「今、私を待ってるドライバーは
私をここに送り届けてくれたドライバーですか
?」

そうです。

「で、彼は私を降ろした場所を覚えているんですよね?」
「はい」
「もう一度確認してもらえません?」
「お待ち下さい」

寒空の下、既に20分以上経過。。。

「もしもし、りりさん?」
「はい」
「今からドライバーが、りりさんを降ろした場所に向かうそうなので
そこで待ってて下さい。」
「いやいや、今ここってバス停の所に来ちゃったから、
そこに戻るの少し時間かかるよ。
バス停と、さっき降ろしてもらった場所って全然近くないから。
ちょっと待ってよ、その場所に今からまた戻るから!」
「分かりました、戻ったらそこで待ってて下さい。」

てくてくてくてく。。。と、足元をグショグショにしながら
また元の場所へ。。。

「はい、元の場所に戻りましたよ」
「ドライバーはそこで待ってます」

「だから、いないっつーの!」

「そこにバス停は見えませんか?」

だーーーーー

かーーーーー

らーーーーーー


バス停と私がさっき降ろされた場所は、

近くありません

「では、バス停の方へ。。。」

「あのさーっ!
それはー、わたしがー、今来た道をー、もーどーれー。。。
って、言ってる訳?
も一回確認するけど、

そのドライバーは、私を送り届けたドライバーなんだよね?

そうです。

「じゃーさ。。。さっきUターンした場所に来て、って伝えてよ。
さっき、パトカーが停まってる所でUターンしたんだよ。
今もそこにパトカー停まってるから、そこに来てって言ってよ。」

「わかりました。お待ち下さい。」

。。。さ。。。さむい。。。(T_T)

「もしもし、りりさん?」

「あいよ。」

「お巡りさんが居る所ですよね?」

「そう!」

「もう、そこにドライバーが居ま。。
いねーーーっつのぉっ

ハァハァハァ。。。(`Д´)



「ドライバーは、パトカーが見える場所にいるそうです。」



「あのさ。。。分かんないけど。。。
ドライバーが見てるパトカーと、私が見てるパトカーって
一緒だと思う。。。?」

「。。。」

「私が言ってるパトカーはさ。。。

ドライバーが〜

さっき私を送り届けてくれた時に〜

Uターンした道のぉ〜

近くで警備してたお巡りさんのぉ〜

パトカーだよ?」


「。。。」


「この会場の周りって、何台もパトカー停まってる可能性あるよねぇ〜?」

「。。。」


「あのさぁ。。。」

「はい。」

「今一度確認させてもらうけどさぁ。。。」

「はい。。。」

「今、迎えに来てるドライバーってさぁ。。。

私を

さっき

送り届けてくれたのと

同じドライバーなんだよねっ


「そうです。」

「じゃぁさ。。。とにかくUターンした場所に来てって言ってよ。」

「お待ち下さい。」


ミゾレ降る夜空の下、薄暗い街頭の中
。。。
あっちへ歩き、こっちへ歩き。。。
既に40分以上。。。
これだけ歩いたら、とっくに最寄りのメトロの駅まで着いてるでしょう。。。

「りりさん?」

「はいよ。。。」

「ドライバーは、すぐ近くに居る筈です!」

「だから居な。。。」

ーーーーと、一台のタクシーが
私が居る道と反対側の道路を走り過ぎた。

「車見つけました。」

「良かったです♪」

「でもねー。走り去ったよ。」

「我が社の車ですか?」

「御社の車に決まってんでしょ!
あのねー。反対側の道路をねー
Uターンする気配もなくねー
遥か彼方に走り去って行ってねー
もう見えませんけど。。。(ーー;)」

「今見えたんですね?」

「そう」

「りりさん、今どこにいますか?」

「だーら、パトカーの横だよ!!」

「そのままお待ち下さい!」

ーーーー5分経過ーーーー

「りりさん、ドライバーが、今、りりさんの元へ、向かっています!!」

「あ。。。見えた。。。」

「見えましたか!?」

「あれだ。。。やっと会えた。。。」

「良かったです!!」

「助かった。。。ありがと。。。」

「どういたしまして♪ ではまた!^^」


この時点で9時少し前。
公共の交通機関を使って帰っても、そろそろ家に着く時間でしょう。。。


「こ、こんちは。。。」(ロシア語)


「なーんだ、こっちにいたのか! 寒かったでしょ(⌒-⌒)」

。。。と、振り返ったドライバーは。。。


私を会場に送ってくれた人とは




全くの別人。。。



。。。




最初から、話合う訳ねーし。。。orz




もう。。。





誰に怒りをぶつけて良いのか分かりません。。。
(T_T)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 01:53│ブログランキングComments(17)TrackBack(1)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 交通 | ローカルの生活
トラックバックURL
この記事へのトラックバック
1. フィギュアスケート 全日本選手権  [ 管理人の徒然日記 ]   2010年11月25日 08:23
明子SP首位!美姫は5位…フィギュアスケート‎2010年11月20日‎ ◆フィギュアスケートGPシリーズ第5戦 ロシア杯第1日(19日・モスク...
この記事へのコメント
1. Posted by Chapu   2010年11月25日 04:35
わぁ〜☆同じだぁ(*^_^*)☆
まさに私達夫婦も同じ時間ドライバーさんと出会えずにみぞれの中、30分以上行ったり来たりして、さまよってました(笑
私達の場合、女子フリーの演技が終わり、良かったね〜♪なんて言いながらちょいテンション高めでふらふらと一番近い出口から出てしまったため、それが送り届けてもらった出口と反対の出口だとは最初は気づかず・・・(汗
何度も電話でやりとりしながら(ロシア語&英語)、必死でもう一つの出口に出てしまったので、迎えに来て下さい!と伝えるもいまいち伝わらず、30分も経過してしまいました(泣
あの日、ほんと寒かったですよね(^^;)
2. Posted by シャーミン   2010年11月25日 04:59
お疲れサマンサターバサッ!
こういう事、この国ではよくあるよね〜。なので私はタクシー苦手です^^;
エキシビジョンには、メトロで行った我が家。
雪降る中、チビには行きも帰りも自分で歩いてもらいました(鬼母)途中、駅まで馬車が出ていたのにはビビったが…。
3. Posted by makorin   2010年11月25日 08:32
りりさん、可哀相過ぎます‥。あまりにその状況がよく飲み込めて、まるで自分の事のように(いえ、確実に我が身にも起こっている日常ですから〜‥)胸が痛みました。(苦笑) ご苦労さまでした‥。
4. Posted by ヘリ田   2010年11月25日 18:57
うわー、お疲れ様でした〜!
自分は、マイカーで家族を連れて言ったのですが、駐車場の入り口が警察にふさがれてて、かな〜り遠くの路地に停めてました。お互い苦労しますね…
たぶん、今度からはタクシーの運ちゃんには名前と直接の携帯を聞いといたほうがいいのかもしれませんね
5. Posted by reirei   2010年11月26日 11:22
ミゾレ降る寒い中、それはそれは御愁傷様でした・・(-"-)。
コールセンターの人もドライバーさんと意思疎通が出来てなかったって事?
それとも「ウソ」つかれたって事?

が、あまりにもコールセンターの人とりりさんとの行き違いの会話が面白くって、
読みながら「ププー」っと笑ってしまった。
失敬

イギリスのタクシードライバーになるには、試験があって、彼らは誇りを持ってドライバーをしていて、ストリート名いえばちゃんと連れて行ってくれる。。。
これは何年も前の話ですが、今もそうなのかなー。

国が変われば、まったくちゃいまんなー
6. Posted by りり   2010年11月26日 23:57
Chapuちゃん、
こらこら!『わぁ〜☆同じだぁ(*^_^*)☆』とか喜んでるバヤイかっ?!(ーvー;)
でも、Chapuちゃんご夫婦も同じ目にあってたのね〜。
ほ〜んと、あの寒さが余計に辛かったよね!
もちろん、私のロシア語が“拙過ぎる”ってのも原因の一つなんだけどさー
英語でのコミュニケーションも、蓋を開けてみれば全く取れていなかったという。。。
別人だったドライバーは、やたら感じ良いしさー。。。
マジで、誰に怒ったらいいの??おせーてーー!
7. Posted by りり   2010年11月27日 00:02
シャーミンさん、
どーもどーも。。。ホントに疲れましたがなー。。。心も体も。。。
私もタクシーキライ!!
メトロ&自分の足の方がよっぽど頼りになるわっ!!
。。。な〜んて思うけど。。。この国はタクシーも使える状態にしとかないと
すごーく行動範囲が限定されちゃうし
治安にも関わるしね〜。。。つらい所よね。。。(ーー)

ugo氏は普段から鍛えられてるから
行き帰り徒歩と聞いても納得〜。でもエラいね♪
馬車なんか走ってたんだ?!
馬車にすれば良かった。。。orz
8. Posted by りり   2010年11月27日 00:05
makorinさん、
ホント、これ“いつでも”そして“誰にでも”起こりえますよね。
こんなにも、英語オペレーターと会話が通じなかったのは初めてですが
似た様な状況は過去にもありましたもん。(ーvー;)
この状況を打破する一番良い方法は、ズバリ。。。

ロシア語堪能になること。。。


だと思うのですが。。。私にとっては一番遠い道のりでもありまする〜。。。
9. Posted by りり   2010年11月27日 00:11
コム男さん、
マイカーとは、羨ましい!
私も運転はキライじゃないので、市内を自由に運転出来る様になるのも
この理不尽な状況を解決する一つの手段であると気付きました。。。
。。。が。。。運転を自分でするには
ある程度のロシア語が出来ないと不安であると言う事は、やはり

言葉が出来れば、それが解決法の一つとなる。。。という堂々巡りに。。。(ーー;)

あ、ちなみに運ちゃんとは電話しましたが、いかんせん言葉の壁が厚過ぎて、
ろくすっぽ会話になりませんでした。(^^;)

そして恐らくワタクシ、その駐車場の入り口に陣取っていたお巡りさんの横で
タクシーと巡り会いました。
10. Posted by りり   2010年11月27日 00:15
reireiちん、
もうねー、誰と誰がどう食い違ったのか、
一体、どの様に食い違えばあの対応になるのか
全く持って分かりませんっ!!
ミステリーよ、ミステリー!!

確かパリのドライバーも結構良い職業として認められてて
もちろん、道も良く知ってるんだよね。
ドイツでもわりかし安心だったな〜。
でも、こっちのドライバーはね、多分「運転出来れば良い」程度。
運転も荒い、とか、ヘタクソ、とかフツーだし
道なんて知らない人の方が多いんじゃないかな。
色々あるわよ。。。人ごとだと面白い出来事が。。。(ーー;)
11. Posted by さとごん   2010年12月02日 15:24
こんな遅くにすみません・・・もう誰も見てないですよね。。。
あまりにも状況分かりすぎて、ついコメントです。
ほんと、ロシアって不可解なことが多いですよね〜。
私もタクシー乗るたびにストレスを感じますが、ロシア語も英語も出来ない私は、その怒りを携帯電話で“勤務中の”夫にぶちまけてます
夫からタクシー会社へ、タクシー会社から運転手へ
この状況、なんとかしてほしいです〜
12. Posted by りり   2010年12月04日 00:28
さとごんさん、
コメントありがとうございます。
意外と過去記事も読んで下さる方多いので、大歓迎ですよ!

タクシーネタは、ホント皆が色々と沢山持ってますよね。
“タクシー”というお題だけで、在モス仲間だけで笑点でも出来そうです。^^;

もちろん、私達が言葉が出来る様になるのが一番の解決策なんだろうけど
それにしても。。。せめて諸外国の様に、正規のタクシーが気軽に街中で拾えて、“ボラれない”“安全な”乗り物となって欲しい物ですよね。。。
(ーー;)
13. Posted by cha   2011年04月20日 17:08
初めまして。大変な日常を読みやすく楽しく(りりさんはまじめに語ってると思いますが)綴っていらっしゃるので、すぐにファンになりました!
さとごんさんより更に遅いコメですみません。

来週のワールド観戦予定ですが、初ロシアでもちろんロシア語が喋れません。地下鉄まで歩こうかと思ってますが距離感がグーグルでも今ひとつなのと、1日の気温差が大きいので服装をどうしたらいいか心配してます。特に服装は、比較的暖かいところから行くので全く検討付きません。もしご覧になられたらアドバイスお願いします。
14. Posted by りり   2011年04月22日 15:51
chaさん、
初めまして。コメントありがとうございます!

まず、地下鉄での行き方ですが、会場のHPでご覧になると
ジナモ駅からは48番のバスか、マルシュルートカという乗り合いのミニバンの18番が使える事が分かります。
他にも3つの駅からの行き方が書いてあるので参照下さい。
ロシア語なのでGoogle翻訳で英訳すると分かり易いです。
http://www.hockey-palace.ru/about/mesto/sxema/
ジナモ駅から歩きだと30分くらいは見ておいた方が良いと思います。
つまり「近くはない」って事ですね。^^;

バスの乗り方は、よろしければこちらの記事もご参照下さい。
http://blog.livedoor.jp/risurisu_journal-moscow/archives/51321973.html

気温は大分上がって来ました。しかし非常に不安定で、晴れから吹雪になる事も、まだあります。
日本の冬支度をしてくれば間違いないと思います。
最近は雨も良く降るので、折りたたみの傘があると良いと思いますよ。
参考になったでしょうか?
良いご旅行となりますように!
15. Posted by りり   2011年04月23日 05:23
chaさん、
追伸です。
しかしながら、本日はとても暖かく、冬のコートではしっとりと汗をかく程でした。
なかなか難しいですが、重ね着で調節出来る様にしてくるのがよいかもしれません。
それでも、コートが必要ない、って天気の可能性もありそうですが。。。
16. Posted by りり   2011年04月24日 04:05
chaさん、
何度も申し訳ない。。。
ジナモから会場まで歩いて行った事がある人に、もう一度確認した所、徒歩15分程度だそうです。
バスを待つ時間を考えたら、歩いた方が良さそうです。
ちなみに、本日もかなり暖かかったです。
17. Posted by cha   2011年04月25日 08:58
りりさん、細かい情報ありがとうございます!
ロシア語の週間天気予報を見ていても情報が日々変わるので、明後日出発というのにまだパッキングできていません。
香港在住なのでかなり寒さを感じるような気がします。こちらはもう夏の陽気ですから。念のためヒートテックと薄めのダウンを用意し、あとは綿などの薄手のセーターで調整します。傘も忘れないようにします。
このブログを片っ端から読んで、空港事情やタクシー事情、買い物生活情報など勉強になりました。
問題も多いかと思いますが、なんとか頑張ってみます!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字