2016年10月21日

中華新聞が美味しい?!

マヤコフスカヤとバリカードナヤの間くらいにある
パトリアーシュ池。
どの駅からもちょっと歩くんだけど、
この周りは洗練されたレストランがたくさんあるシャレオツ・エリア。

そんなシャレオツな場所に出来た「中華屋」が
前から美味しいと評判だったので行ってみたかったのです。
その名も、

IMG_5967

「中華新聞」w 
ロシア語で「Китайские Новости」

なんとなく、ちょっと小汚い中華食堂を想像してたんだけど

IMG_5968

雑多な中華でキッチュな感じを上手く取り入れた結果、

IMG_5971

なかなかオシャレな店内で、のっけから期待が膨らみますw

ロシア語/中国語のメニューは写真付きでわかりやすい!

IMG_5974

英語メニューもあるけど、写真がついてない。

こちらは「パクチョイ」390Rub.。

IMG_5975

ニンニクがたっぷり入ってて美味しい。
チンゲンサイに似てるけど、“ぱくちょい”って何?。。。と思って調べた
やっぱりチンゲンサイでしたw


IMG_5976

こちらは「香港風焼きそば」390Rub.。
もやしとネギが入ったさっぱり麺。ウマシっ!


IMG_5978

「小籠包」410Rub.は、肉汁たっぷり♪

IMG_5979IMG_5977

「ナスのニンニクソース(390Rub.)」(左) は、
山東饅頭(右)につけて食べると美味しいと言う、香港通のYさんのアドバイスに従い
これが大正解♪
(饅頭の値段失念。。。多分100Rub.くらい。。。)


IMG_5982

豚肉の焼き餃子(380Rub.) も、

IMG_5981

スペアリブ(あれ?値段どこだっけ??確か500Rub.くらい!^^;) も、

どれも大満足。
何一つ失敗なし。( ̄┓ ̄)ゲフッ

世界広しと言えど、少し前までモスクワは、
この規模の都市にしては、数少ない中華街がない都市どころか、
まともな中華料理店さえほとんどない大都会でした。

最近はめっきり「変わった、変わった」と連呼している私ですが
これも、モスクワが大きく変わったモノの一つ。
(美味しいかどうかは別として)中華のファーストフードも出来てきたし、
これだけ美味しくてオシャレで、リーズナブルな中華が
こんなモスクワのど真ん中で食べられるようになったなんて
これまた感慨深いことであります。(T^T)

「昔のモスクワはね〜〜o(`ω´*)!」なんて、
この数年内にモスクワに来たばかりの若いさっちゃんとかににクダまきっぱなしで、
( ̄ー ̄;) .。oO(老害感っぱネェな。。。)
。。。とは、いつも思うのですが、
やっぱり8年前と比べると変わりまくりのモスクワなのです。

とにかくこの店、ゲキウマですw


==========
中華新聞 Китайские Новости

IMG_5966

+7 (499) 136-9721
ул. Спиридоновка, д.25/20
メトロ:バリカードナヤ
※市内、南の方にもう一軒あります。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:00│ブログランキングComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 中華/アジアン | カフェ・レストラン
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by KM   2017年02月07日 18:31
値段がリーズナブルですね!モスクワは物価がとても高いのではないですか?
2. Posted by りり   2017年03月19日 12:41
KMさん、

最近はリーズナブルな所も増えましたね。
でも、モスクワの物価が高いというのは、変わりませんよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字