2017年01月01日

日露、明けました。おめでとうございます!

明けまして、おめでとうございます!

日本では門松や注連縄が街を飾っていることと思いますが
ロシア正教会のクリスマスは1月7日。
モスクワではまだまだしばらく、
クリスマス・ツリーのイルミネーションが眩しい季節が続きます。

2016-12-28-1


実は先日まで日本に行ってました。

新居を決め、家電を少し買い、日本での生活がいよいよ現実のモノとなってきました。
足掛け9年を過ごしたモスクワを離れるのは、もちろん寂しいですが
12年ぶりの日本での生活も楽しみです。

今回の一時帰国は、ちょうど日露首脳会談が行われる時期でもあり
日本のテレビではロシア関係を扱う番組が多く、
「へ〜」とか、「ほー」とか、「なんだと!」とか画面に話しかけながら楽しみました。

でも、改めて思うのは、やっぱり日本のロシア情報は偏ってるな、ということです。

顕著だった例としては、
あるテレビ番組では筑波大学のロシア専の教授だかが
「ロシア人には騙される!」
と騒いでいて、まるでロシア人全員が嘘つきであるかのような発言をしていました。
その方、4年間もロシアに住まわれていたそうですが、一体何を見てきたのでしょうか。
もちろんロシア人は人を騙します。でも、日本人だってアメリカ人だって騙す。
ロシア人だからって、ことさら人を騙すようなことはないし、
もしその方がロシアで騙されてばかりいたのなら、
その方自身に問題があったのではないかと思わざるをえません。

ロシア独特の文化のようなものを取り違えて
「騙された」と感じる人もいるかもしれませんが、
ロシアを研究している方が4年間もロシアに住みながら
そのような発言をされることをとても残念に思いました。

日本におけるロシアの専門家がとても限られている中、
メディアでの露出の多い人が、このような偏った発言をすることの罪は大きいと思います。
いや、こういうアンチ・ロシア的な発言をするロシア専門家だからこそ、
メディアが使いたがるのかもしれませんけどね。


日露首脳会談会談の結果については、
メディアでは「進展なし」「ロシア、ゼロ回答」的な論調が多くを占めましたが
記者のみなさんは、本当に今回の会談で北方領土が帰ってくると思っていたのでしょうか。
だとしたら、あまりにも未熟ではないでしょうか。
たくさんのロシア人が生活を築いている場所を
一足飛びに「じゃぁ返すね」なんて、なるはずもないではないですか。

領土交渉の基準としている日ソ共同宣言では
「平和条約締結後に2島を引き渡す」としています。

今回の会談の成果は、少なくともそこに向かう第一歩にはなったのではないでしょうか。
長きに渡り、何の進展もなかった日露関係を鑑みれば
「大きな一歩」と言ってもいいかもしれません。

経済協力に関しても「ロシアに食い逃げされる」論を多く見ましたが、
こちらで話を聞く日本人ビジネスマンの多くは、ロシア人との仕事、
ロシアでのビジネスにやりがいやポテンシャルを感じています。
確かにロシアは特別な国だし、
外国の企業が進出するには、この国独特の難しさはあります。
でも、国を挙げて「協力」すると決められれば、
日本企業にとってはむしろチャンスではないでしょうか。

政治を通さずに見たロシアという国は、
人々は素朴で優しく、ユーモアに富み、文化の裾野は広く、そして深い。
日本でもお馴染みのボルシチやピロシキ、
本場のそれは日本で食べるよりも数倍美味しいです。
旧ソ連の中央アジア諸国の料理は、日本ではあまり食べられないけど、
実は日本人の口によく合うものばかり。

日露が仲良くなれば、
少なくとも民間レベルでは楽しいことがたくさんあるような気がしてなりません。

誤解を恐れずに言えば、4島返還に固執している間に、
多くの元島民の方が亡くなっています。
ビザが緩和されれば、私たち一般人にとっても
ロシアの雄大で手つかずの自然が、一番近い観光地になるかもしれません。


とにかく、もう十分すぎるほどの時間が過ぎました。
「新しいアプローチ」は、できるだけ早く実行されて欲しいと思います。


今年は日露にとって、新しい年となることは間違いありません。
問題はまだまだ山積みではあるけど、この大きな一歩に、期待せずにはいられません。

ずいぶんロシア寄りなことばかり書いたけど、
アンチが大勢を占める中、弱小ブログでこれくらいは書いてもバチは当たらないと思いますw

さて、日露の新年が明けました。おめでとうございます!

2016-12-28-2


その行く末の大半を、私は日本から見ることになります。
このブログは、あと何回更新するかわかりませんが、
みなさま、今年も宜しくお願いします!

りり拝


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 06:00│ブログランキングComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ニュース | misc.
トラックバックURL
この記事へのコメント
1. Posted by SD   2017年01月01日 21:11
はじめまして、2014年秋から2年間モスクワに住んでいた者です。
貴ブログの情報には大変お世話になりました。

首脳会談に関しては、某有名ブロガーさんが
「プーチンは濡れ手で粟で3,000億を持って帰った」と書いておられて、
愕然としました。
その方は政治や外交に詳しい方なのに…。

りすりすさんもとうとう帰国なさるんですね。
2年しかモスクワにいなかった私でさえ、
決して快適ではなかったモスクワ生活がとても懐かしくてたまりません。
りすりすさんにおかれましても、残り少なくなったモスクワ生活を、
しっかりお楽しみくださいませ。
2. Posted by 名無しさん   2017年01月02日 03:07
会談に遅く来る行為も侮辱に感じたり、すぐには笑わない顔に性格の冷たさを感じたり、日本の視点でしか見ることができないから思うんですよね、日本の方って。
ある程度約束に遅く来るのは準備をしている側に余裕を与えるためって見たことがありますし、笑わないのは初対面や2、3度の交流では仲良くなったと思ってない当たり前のこと、日本の方は初対面でもサービススマイルを使うだけで気持ちは笑顔になってないのが本音ですから、まだ仲良くなってないという気持ちは似たようなものだと思います。
だますとかうんぬんも、思えばサービススマイルで本当の気持ちを隠して、だますのがうまいのは日本国民だと感じてしまいます。
だから、本当に日本って他国の文化を知らずに日本の意識でしか見てないんですよね。
3. Posted by mother A   2017年01月03日 23:11
明けましておめでとうございます。

いよいよ帰国されるんですね。
長い駐在生活、本当にお疲れ様でした。
私の駐在生活は、激動の時代で夫は大変だったようですが、私自身は楽しい思い出しかありません。タイムマシーンがあるなら、今でも当時に戻りたいと思うほどですよ。

残り少ないモスクワ生活を、思い残すことのないようにお過ごし下さいね。
りりさんの街のレポートを読むことができなくなるのは寂しいですが、あと何回かの更新を楽しみにしています。

帰国準備でお疲れが出ませんように。
4. Posted by やまぐち   2017年01月04日 21:50
あけましておめでとうございます。
ロシアにまた行きたい行きたいと思いながら、もう2年…りすりす通信さんには本当に楽しませて頂いています。ありがとうございます<(_ _*)>
ロシアを離れられるということで、ロシア話題好きのブログ読者としては残念なのですが…これからもまた色々な形でりすりすさんの記事が読めたら嬉しいです。
5. Posted by モスクワの数学屋   2017年01月10日 08:00
こちらのブログを楽しませて頂いておりました、モスクワ在住(りすりすさんよりちょっと短い)の大学教員です。「モスクワに居れば、その内にあの有名なりすりすさんにお目にかかる機会もあるかも」などと思っていましたが、モスクワを離れてしまわれると聞いて、寂しく感じております。
日本での益々のご活躍をお祈り申し上げます。
6. Posted by りり   2017年01月17日 04:05
SDさん、
拙ブログ、ご活用頂いていたようで、ありがとうございます。
このようにご報告頂くことが、ブログを続けていく上で、どれだけ励みになったかわかりません。決して1人でやってこれたわけではないと、改めて思います。

ロシア関係の論壇は、本当に詳しい人が少ないことはもちろん、本当に本質を見ようとしていない人が多いことが致命的な気がします。交流が公に始まることで、少しでも理解が深まることを願うばかりです。

8年以上モスクワに住めば「もうお腹いっぱい」というのも正直なところではありますが、やはり愛着のある場所。きっと、どんなに長くいても、この地を離れる時は心残りがあるんだろうと思います。
最後まで、楽しく行きたいと思います♪ありがとうございます!^^
7. Posted by りり   2017年01月17日 04:11
名無しさん、
おっしゃること、同意です。
こちらに住む友達と話をすれば、ロシア人が2時間遅刻しようが、すっぽかそうが、別に珍しいことではないし、そのことを謝らないのも珍しいことじゃないと言います。もちろん、同じロシア人でも色々ではありますが、遅れて現れたことに政治的な意味なんてないよね〜、というのが、ロシア人を知る人の大方の見方だと思います。
残念だな〜、と思うのは、いくらメディアが偏ってても、普通に事実だけをニュースで追っていけば見えるものは違ってくるはずなのに、みんながテレビで主張される意見ばかりに引っ張られるというのは、やはりロシアなんてあんまり興味ないんだろうな〜、と思うことですね。これから変わっていくことを願います。^^;
8. Posted by りり   2017年01月17日 04:15
mother Aさん、明けましておめでとうございます!
長きにわたり、おつきあい頂いたこと、本当に、心から感謝申し上げます。
いつも温かい言葉をかけていただき、どれだけ力になったかわかりません。

モスクワはすっかり私の一部になってしまいましたwどれだけ頑張っても、思い残すことばかりになるだろうな、と思い、今はもう焦らずに、まったりと最後の時を過ごしています。
mother Aさん、本当にありがとうございました。
目の前にいらっしゃったら、思いっきりハグさせて頂いているはずです♪
あと数回、どうぞよろしくお願いします!
9. Posted by りり   2017年01月17日 04:26
やまぐちさん、
明けましておめでとうございます!
2年も読んでいただいてるんですね!ありがとうございます!!
8年前は、なんの興味もなかったロシアですが、今はこれほどチャーミングな国はないんじゃないか?くらい思ってますw
政治してんじゃないロシアを、少しでも知ってもらうキッカケになれていたら嬉しいです。また、ロシアを離れても、少しでもロシアの良さを日本人に伝えられるようなことができればいいな、と思っています。
今までおつきあい頂き、コメントまで頂き、ありがとうございました。とっても嬉しいです!(≧∇≦)
10. Posted by りり   2017年01月17日 04:32
モスクワの数学屋さん、
あーーーー、お会いしたかったですね〜!残念ですっ!(><)
日中お仕事なさってる方たちとは、なかなか知り合う機会も少ないのですが、私自身、あまり公に明かしていないので、会っていても知らない方も多いと思います。^^;
もし日本に帰国なさる機会があれば、ぜひお気軽に声かけて下さい!都内でしたら、どこかでメシでも行きましょう!
今までおつきあい頂き、ありがとうございました。モスクワの数学屋さんも、私の大好きなモスクワで、楽しい教員生活を送ってくださいね♪いつかお会いできる日を楽しみにしています!^^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字