misc.
2012年03月27日

アメリカとわたし。

私の世代が若い頃、「海外」と言えば、多くの場合「アメリカ」を指していた。
ドラマでは「奥様は魔女」や「バイオニック・ジェイミー」「マイアミ・バイス」を見て
海外旅行と言えば、ハワイやグアム、西海岸を指し
80年代の洋楽ブームの時はFM東京、横浜FM
小林克也の「ベスト・ヒット・USA」をチェックして
a-ha、ABBA、マドンナやカルチャークラブ、
デッド・オア・アライブもスティングやクラプトンも
全部アメリカの音楽だと思って聞いていた。
(米出身者:正解はマドンナのみ^^;)

もちろん、一部の知的で“ツウ”な方々は
海外といえば「おフランス」
フランス映画に、フランス文学、シャンソンをたしなむ、という人も居ただろう。
しかし、私のようなミーハー、ちゃらんぽらん、無知、で
“ナウ”な“ヤング”を自称したいイタい若者は、多かれ少なかれ
こんな風に思っていたんじゃないだろうか。

まぁ、今考えれば、諸々残念過ぎる訳だが。。。orz

そんな私が、初めて海外での生活をする事になったのも、アメリカ。
西海岸やニューヨーク、マイアミ等のきらびやかな場所とはほど遠い
“ディープ・サウス”と言われる、ほとんどの人には言ってもどこにあるのか分からない
アラバマ州という所。
ヘレン・ケラー、ナット・キング・コールやライオネル・リッチー等の出身地で
KKKを構成する州の一つで、私が居た頃も黒人系の教会が放火されていたりしていた。
私が小さい頃から見ていた、所謂“アメリカ”とはあまりにも違う
あまり豊かでない州の、小さな一都市だった。

それでも、初めてのアメリカ暮らしは私にとって十分アメリカらしさを体験させてくれ
テレビで見るアイドル的なアメリカだけでなく、生のアメリカも好きだと思えた。

必ず帰ってくると誓ってアメリカを離れた数年後
私は就職して、私の経歴から言えばまぁまぁの給料を得て
その心地よさから離れられずに、仕事に不満をもちつつ何となく過ごすという
なんともダサい毎日をおくっていた。

そんな時に運良く手に入れられたのが、所謂“グリーンカード”
同名で映画にもなった事がある、米国永住権。
毎年行われる一般公募からの抽選で当たる、宝くじ形式の永住権だ。

この永住権は、名前の通り永住する為の権利だからして
永住する気のない人には不要と判断され
米国を半年以上手続きなしに離れたり、米国に住まずに保持したりする事は不可能に近い。

しかし、永住権を得たこの年、ドイツ行きも決定しており
ドイツに行くのであれば、どう考えても状況は永住権放棄が妥当だった。
それでも、私はとにかく永住権収得の手続きを進め
出来る所まで保持し続けることを試み
米国の銀行口座を作ったり、毎年確定申告をしたりと
米国に住む意思があるというアリバイ作りをし、
再入国許可証を取って、半年以上米国を留守にしても再び入国出来る“かも”しれない
心もとないが、腐ってもオフシャルな手続きを踏んだり、
ステイタス変更の為に、ドイツから一人アメリカに行って
知らない土地を右往左往しながら、入国管理局や公証役場を往復し
弁護士に相談に乗ってもらい。。。と。。。
心の中では「住める訳ない。」「そんな可能性ないよね。」と思いながら
それでも、一度手に入れた「アコガレの国」での生活権を維持する為に
様々な手続きと“工作”をしていた。

しかし、ロシア転勤が決まった時、もう限界、と思った。
こちらへ引っ越して来てからは、永住権保持の為の努力は一つもせず
次回米国へ入国する時、移民ではなく、旅行者として入国すれば
それで全ては終わる。。。勝手にそう思っていた。

今回のアメリカ旅行は、実はただの旅行ではなく“所用”があっての旅だった。
なので、出来れば、万が一にもイミグレーションで入国を拒否される。。。
なんて事態は避けたかった。
普通に考えれば、私は移民の権利を放棄し、旅行者として入国し
お金を落として、今の生活の場所へ戻るという事をしたい訳なので
米国側に入国を拒否する理由はないのだが。。。
そして、これがただの旅行であれば、
何も調べずにシレ〜っとイミグレの列に並ぶのみだったのだが。。。

つまり、ここで問題なのは
様々な状況と統合してみれば、私の永住権はもう効力を失っている“筈”なのだが
正式な返却手続きをしていないので、
権利を維持したまま旅行者として入国しようとしていると捉えられる可能性がある
という事。
まぁ、例えそのように捉えられたとしても
その行為自体が永住権を放棄していると見なされる“筈”であるのだが。。。
一見正しいと思われるロジックが、正しく機能しないのが
アメリカらしさだったりもするんだな、これが。。。(ーー;)


“筈”に次ぐ“筈”で、私が入国出来ない事で関係者に迷惑を掛ける訳にもいかないので
ここは念のため、在モス米国大使館に問い合わせてみる事にした。
もちろん、“大使館”という組織が如何に使えないモノであるかは承知の上。
それが例えアメリカの大使館であろうとも、
この手のたぐいの喫緊性のない情報サービスにおいて、
彼らが有能かつ親切である訳がない。

結果は。。。

予想を超える程の“予想通り”。

<<1回目の問い合わせ(メール)>>
ワタシ、永住権保有者でんねん。
でも、もう要りませんねん。
でも、正式な放棄手続きとってませんねん。
今回、お宅の国、訪問したいんだけど、何か問題ある?
ちなみに、日本人ね。
ちなみに、日本人旅行者は普通ビザ免除でESTA登録だけで入国できんねん。
ちなみに、もうESTA登録出来てん。
どうなの???

〜1回目の回答〜
お問い合わせありがとうございます。
米国ビザの申請ですね。
ビザの申請は米国大使館にて、これこれこういう申請書に記入の上、手続き下さい。
申請料と発行に掛かる日数は。。。。
不明な点があれば、ご遠慮なくお問い合わせください。

。。。

不明だらけです。。。(ーー;)


<<2回目の問い合わせ(メール)>>
下記の通りの回答頂いたんですけど〜
知りたいのは米国ビザの収得方法でねーのよ。
この前も言ったけど〜、アタシ、ニッポンジンね。
ニッポンジン、ビザ、普通要らないね。
だけど、アタシ、先に述べたような理由あるね。
それで、普通のステイタスのニッポンジンと同じくESTA登録だけで問題あんの?
という問い合わせね。
どうよ?

〜2回目の回答〜
お問い合わせありがとうございます。
日本人の方は、米国入国の際、ビザが免除されるプログラムとなっております。
しかしながら、ESTAの登録は必要となりますのでWebでお手続き下さい。
不明な点があれば、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

。。。

まったく話が噛み合いません。。。
ESTAはもう取れたって言ってんのに。。。(ーー;)


<<3回目の問い合わせ(電話)>>
1回目の問い合わせの内容。

〜3回目の回答〜
確認して参りましたが、おそらくアナタのケースでは
ESTA登録をして、プリントアウトして持参していけば
入国には問題はない“筈”です。
もし心配でしたら、こちらのメールアドレスに、再度お問い合わせ下さい。

と、今まで問い合わせたのとは別のメールアドレスを貰う。

せっかく問題ない、と言われたので
ここでそうっとしておいて、あくまでも問題がない体で入国チャレンジしたい所だが
念には念を入れ、教えて頂いたメールアドレスに“確認”のメール。

という訳で。。。
<<4回目の問い合わせ(メール)>>
かくかくシカジカで〜、大使館の人と電話で話したんだけどぉ〜
問題ないって言われた訳ぇ〜。
でぇ〜、もし不安だったらぁ〜、
こっちでもっかい確認して、って言われたのでぇ〜
メールしてみてるんだけどぉ〜
実際どうなん??

〜4回目の回答〜
ESTAで許可されるかどうか、結果を待つべきだと思います。
当方で知る限りにおいて、あなたは永住権放棄の手続きをする必要があります。
詳細は、Department of Homeland Security(国家安全局?)へお問い合わせ下さい。

。。。

スゴロクで言う所の。。。

「振り出しへ戻る」だ。。。


関係者の皆々、スマヌ。
ワタシはこれ以上の問い合わせをして、終わりなきスパイラルにハマる事を拒否する。
経験上言わせてもらえば、この手の役所にクソ真面目に問い合わせをして
良い結果が出た試しはない。
もはやESTA以上の手続きを取らずに
シレ〜〜っとイミグレに並ぶというギャンブルをする事以外
ワタシに道は残されていない。
万が一。。。
入国を拒否されたら。。。
そのままカリブの島へ飛び、
ピニャコラーダの一杯でも飲んで
砂浜でビーチベッドに寝転びながら
リッチな米人のナンパを待ちながら黒こげとなった後
冬のモスクワへと帰還することになろう。。。( ̄ー ̄;)

。。。という訳で、グリーンカード保持者かもしれないワタシは
一世一代のギャンブルをすべく
パスポートとESTAのプリントアウトを携えて
ニューヨーク、ジョン・F・ケネディ空港へと立ったのだ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:00│ブログランキングPermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年10月07日

Snow White, I am...

リンゴは

アダムの人生を変え

ニュートンの人生を変え

スティーブ・ジョブスの人生も変えた。



私の人生も変わった。

ジョブスのリンゴを食べたその日から

彼の毒リンゴの中毒となってしまったのだ。



Appleがなかったら

きっと私は今、

こんなにもコンピューターを使う生活をしていなかったと思う。

ブログを書く事もなかったかもしれない。

著名人が亡くなって、こんなに悲しいのは久しぶりです。


安らかに。

アナタの撒いた、リンゴのタネが

これからも実ります様に。

b_m

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 01:10│ブログランキングPermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年06月07日

ありがとうございました。

《お知らせ》
1年余り執筆させて頂いていました、「地球の歩き方」の
「モスクワ特派員ブログ」を先月一杯で辞めさせて頂きました。
そちらへもおいで頂いていた皆様には、心より感謝申し上げます。


。。。


。。。え?。。。



知らなかったって。。。?



。。。



それは黙っとけよ。。。(ーー;)




ま。。。とにかく。。。

私のモスクワ生活は、もう少し先がありそうですし
こちらのブログはこれからも続けますので
これからも宜しくお願い致します。m(__)m

最終投稿:
初めて見る、あの日以来の日本。
(地球の歩き方:モスクワ特派員ブログ)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 13:11│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年04月12日

Moscow for Japan

東日本大震災から1ヶ月後の昨日、
モスクワではこんな人達が活動していた。



0411_1

地下鉄 チィスティー・プルディの赤のライン出口を出るとすぐに
日本とロシアの国旗を持った若者達の姿が目に飛び込んで来る。

0411_2

活動しているのは、日本からの留学生とロシア人学生の有志の集まり

Moscow for Japan注:リンクはFaceBookです


0411_3

暖かくなりかけたモスクワで一転、小雪が降り風も吹きという悪条件の中
みんな体を震わせながら立っていた。

震災後、彼らは精力的に募金活動も行っており
既に日本円で30万円以上の募金を集めている。

ロシアで人が集まる事の難しさ
ロシアでお金を集める事の難しさを考えると
余計に頭が下がります。

0411_6


この日の目的は

震災後1ヶ月が経ち、薄れかけているロシアでの関心を引き戻す事




震災後の支援の中で、最も大切な事は

とにかく風化させない事

私自身も強くそう思っている。

人が多く集まる駅で訴え
報道機関も何社か取材に来て
そして、人々が実際に足を止めてメッセージを綴っていた。

沢山のロシア人が、彼らの気持ちを受け止めたのではないだろうか。

0411_7


私には出来ない事をしてくれた彼らに
心から感謝します。

どうもありがとう。

0411_4


そして、彼らの中の何人かは
今頃熱を出して寝込んでいるんじゃないか、と。。。
ちょっと心配してます。(^^;)


0411_5

Moscow for Japan

これからも、彼らの活動を応援します。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 17:16│ブログランキングPermalinkComments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年01月10日

遅ればせながら。。。

明けましておめでとうございます。

日本ではすっかり仕事モードに戻っている頃でしょうし
ロシアでも、ロシアのクリスマス(1月7日)も終わり
今週からは日常モードです。

我が家もつい先ほど、休暇を終えてモスクワに戻って参りました。

極寒がやって来ると言う噂とはうらはらに
ー1℃という生温いモスクワに、何だかキリッとしない新年な感じです。。。

さて、今回の旅ですが。。。

昨年12月31日の早朝。。。いや、未明にモスクワを発ち
夜が空けて見えて来た景色は

0109_4

これ。

0109_1

まるで絵ハガキの様な見事な風景。

0109_2

いきなり今回の旅のハイライトと行っても良い程に感動的な
イタリア北部のドロミテ山脈。

0109_3

コンデジで撮っても、こんなにキレイに撮れる程クッキリ♪

嗚呼。。。自然って、やっぱりスんバラシイねぃ。。。

(TvT)


と言う訳で、取りあえず本日は
遅くなりましたご挨拶のみ。。。

皆々様方。。。

本年も、何卒。。。

何卒、宜しく御願い奉ります!m(__)m

年末年始に頂いた、沢山の暖かいコメント&メッセージ

本当にありがとうございました。

ご返信、
大変遅くなりましたが、これから順次書かせて頂きます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 05:46│ブログランキングPermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック