中華/アジアン
2016年10月21日

中華新聞が美味しい?!

マヤコフスカヤとバリカードナヤの間くらいにある
パトリアーシュ池。
どの駅からもちょっと歩くんだけど、
この周りは洗練されたレストランがたくさんあるシャレオツ・エリア。

そんなシャレオツな場所に出来た「中華屋」が
前から美味しいと評判だったので行ってみたかったのです。
その名も、

IMG_5967

「中華新聞」w 
ロシア語で「Китайские Новости」

なんとなく、ちょっと小汚い中華食堂を想像してたんだけど

IMG_5968

雑多な中華でキッチュな感じを上手く取り入れた結果、

IMG_5971

なかなかオシャレな店内で、のっけから期待が膨らみますw

ロシア語/中国語のメニューは写真付きでわかりやすい!

IMG_5974

英語メニューもあるけど、写真がついてない。

こちらは「パクチョイ」390Rub.。

IMG_5975

ニンニクがたっぷり入ってて美味しい。
チンゲンサイに似てるけど、“ぱくちょい”って何?。。。と思って調べた
やっぱりチンゲンサイでしたw


IMG_5976

こちらは「香港風焼きそば」390Rub.。
もやしとネギが入ったさっぱり麺。ウマシっ!


IMG_5978

「小籠包」410Rub.は、肉汁たっぷり♪

IMG_5979IMG_5977

「ナスのニンニクソース(390Rub.)」(左) は、
山東饅頭(右)につけて食べると美味しいと言う、香港通のYさんのアドバイスに従い
これが大正解♪
(饅頭の値段失念。。。多分100Rub.くらい。。。)


IMG_5982

豚肉の焼き餃子(380Rub.) も、

IMG_5981

スペアリブ(あれ?値段どこだっけ??確か500Rub.くらい!^^;) も、

どれも大満足。
何一つ失敗なし。( ̄┓ ̄)ゲフッ

世界広しと言えど、少し前までモスクワは、
この規模の都市にしては、数少ない中華街がない都市どころか、
まともな中華料理店さえほとんどない大都会でした。

最近はめっきり「変わった、変わった」と連呼している私ですが
これも、モスクワが大きく変わったモノの一つ。
(美味しいかどうかは別として)中華のファーストフードも出来てきたし、
これだけ美味しくてオシャレで、リーズナブルな中華が
こんなモスクワのど真ん中で食べられるようになったなんて
これまた感慨深いことであります。(T^T)

「昔のモスクワはね〜〜o(`ω´*)!」なんて、
この数年内にモスクワに来たばかりの若いさっちゃんとかににクダまきっぱなしで、
( ̄ー ̄;) .。oO(老害感っぱネェな。。。)
。。。とは、いつも思うのですが、
やっぱり8年前と比べると変わりまくりのモスクワなのです。

とにかくこの店、ゲキウマですw


==========
中華新聞 Китайские Новости

IMG_5966

+7 (499) 136-9721
ул. Спиридоновка, д.25/20
メトロ:バリカードナヤ
※市内、南の方にもう一軒あります。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:00│ブログランキングPermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2016年02月15日

卸売市場!の、横のボーリング場!!の、中華屋♪

ちょっと面白い場所に行ってきました。

地下鉄、黄緑ライン南方になるリュブリノ駅から、徒歩15分。

0214-1

敷地内には、大きな建物を中心に幾つかの建物があり、

0214-2

その中を、大きな荷物を引っ張ってる人が何人も往来してる。

Торгово-ярмарочный комплекс "Москва"

直訳すると「見本市コンプレックス“モスクワ”」。

一番大きな建物の中に入ってみると、

0214-5

エリアごとに、ジーンズばっかり売ってる店とか、
毛皮ばっかり売ってる店とか、

0214-6

とにかく、物凄い量の品物が、巨大なエリアに所狭し。


0214-3

一つ一つには値段が付いていない物も多く、
アクセサリーを大量に売ってる場所で、一つを手に取り値段を聞いてみると
「一つで?」と、聞かれた。

きっと同じものを大量に買うと安くなる。
というか、一つだけ買っていく人は少数派。。。
つまりここは、ホールセール。卸売市場(だと思うw)。

0214-4

パッと見、中国の商品が多いようで、売ってる人たちもアジア系の顔をした人が大半。

とにかく、全部見て回ったら、クタクタになりそうな広さ。。。

しかし、今日の目当てはここではなく、この建物の横にある、

0214-7

こちら。

この建物の2階にある、

0214-8

このレストラン。

この建物自体は、
шары и кеглиとかいうボーリング場なんかがある施設みたいだけど、
このレストランの名前は、わかりません。
わからないけど、行けばわかりますw

とにかくここでは、中華料理のビュッフェが300Rub.で食べられるのです♪

入ってすぐ左手にある冷蔵庫から飲み物(別料金)を選んで
その先にあるカウンターで飲み物代と300Rub.を払うと、
プラスチックのカードをもらえます。

0214-9

ビュッフェの近くで、店員にそのカードを渡すとお皿がもらえるので、
好きなだけ、そこに料理を盛ります。

0214-10

ウマそう。。。

0214-11

とにかくどれもウマそうで、

0214-12

でも、お皿に全部は乗り切らないし、
それよりも、多分全部食べきれないので、
感を働かせて、特に気になるものを少しずつ。。


0214-14

工夫しながら、少しずつ乗せたけど、

0214-15

みんなテンコ盛りw

0214-16

ハズレもあるけど、

0214-17

全体的に、かなりクオリティ高い。

中でもオススメなのが、

0214-18

豆腐!
なめらかで、香り豊か。
日本のくみ上げ豆腐みたいな繊細さ!

0214-19

お豆腐だけオカワリした。( ̄ー ̄)

この豆腐だけで、ここに来る価値が十分ある美味しさ♪

いやぁ〜、久しぶりに“ちゃんとした”中華をモスクワで食べたわw
大満足です。

==========
Торгово-ярмарочный комплекс "Москва"の敷地内の
ボーリング場「
шары и кегли」の中の中華屋w

0214-20

Тихорецкий б-р, 1, стр. 19
メトロ:Lyublino

料理は補充されないものもあるみたいなので、
早い時間(12時ごろ)に行くのがいいみたい。
中心地からは、ちょっと遠いけどコスパいいし、行く価値あるよ〜♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:00│ブログランキングPermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2015年10月28日

中華系ファーストフード☆Китай Чи

この辺り、最近ほとんど来る機会がなかったんだけど
新しいお店がたくさん出来てて、昔と比べると随分充実してますw

色々行ってみたいけど、今回はこちら。

IMG_1969

Китай Чи(Kitay chi)」

中華系ファーストフード。

昔は気軽な中華と言えば、ドルジバぐらいしかなかったのに、
最近、あちこちで見かけるようになった。

IMG_1951

カラフルな唐傘が天井から下げられてて、なかなかシャレオツな内装。


IMG_1954

従業員の制服が人民服なのは、ちょっとアレだが。。。(ーー;)


IMG_1968

英語メニューはなさそうだけど、ものによっては写真がついてるので
自身がない人は、写真を指差して注文してもおk♪

もちろん、指差し注文の私が今回頼んだのは、

IMG_1957

チキンとマッシュルーム、椎茸のラーメン(210 rub.)と
豚肉の肉まん(75 rub.)。
値段もカワイイが、サイズもかなりカワイイので
ラーメン一杯では、食の細い女子のランチでも足りなそう。。。

そして、ラーメンの麺はうどんで、具の量が写真と同じ商品とは思えないほど貧素。
。。。が、まぁ、味はまぁまぁ。

友達が頼んだ「天ぷらラーメン
(210r ub.)」という名の天ぷらうどんも

IMG_1958

エビは天ぷらじゃなくてフリットだけど、味はまぁまぁw

肉まんは

IMG_1961

具も小ぶりだけど、味は悪くない。

まぁ、今のところ、わたしの中での肉まんベスト1@モスクワは、なんと言っても
Пян-Се(ピャンセ)」ですな。( ̄ー ̄)

という訳で、素敵な内装以外は、全体的に“まぁまぁ”。
近所だったら使うかなw

IMG_1963

中華系が増えたってだけじゃなく、全てのジャンルでファーストフード系が増えたよね。
そして、どこも結構混んでる。

この手の安い店が流行るってことは、
やっぱ不景気ってのもあんだろうなぁ〜。

==========
Китай Чи(Kitay chi)
Sretenka 34/1
(495) 234-40-40
メトロ:スハレフスカヤ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:00│ブログランキングPermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2015年08月17日

これは、ウマい!Lao Lee Cafe

なんだか最近“アタリ”が続いています。

ベトナム料理の「Lao Lee Cafe

IMG_1470


間口は狭いが

IMG_1473

中はもっと狭いw

ムリクリの4人席はあるけど、かなり狭いので少人数で行くのがオススメ。

IMG_1471

オープンキッチンの横にメニューがあるので、そこで注文。

まずはエビとマンゴーの生春巻き。

IMG_1474

6ヶで340Rub。(3ヶ180Rub/9ヶ600Rub)
程よい甘さのマンゴーが良い味出してる。

IMG_1476

エビのペリメニ。。。という名の茹でた点心みたいの。
(6ヶ150Rub/12ヶ280Rub/18ヶ480Rub)

エビ被っちゃったけど、これはこれで正解。
皮がモチモチ、プリプリ♪

IMG_1475

焼きそば250Rubは、色味よりもずっと味が濃くない。
(ポークとビーフを頼んだけど、ほぼ見た目同じなので、写真は割愛しますw
ちなみに、味もそんなに変わらないwww)

味付けも(・∀・)イイ!!

一品のボリュームが結構あるので、狭いけど2人以上で行くのがいいと思う。

IMG_1477

メニューはロシア語だけど、店員のおにーちゃんは英語ペラペラでした♪

場所的には賑やかな通りからちょっと離れてるので、かなり穴場。。。
と、思いきや、近所の人に愛されてるみたいで客足は途絶えず、
店内で食べる人と、テイクアウトする人でずっと混んでた。

またまた続いていますが、ここも認定!

==========
Lao Lee Cafe

IMG_1480

Миусская площадь д. 9, стр. 11
+7 968 968-20-91
メトロ:ノボスラボーツカヤ(ベラルースカヤ、マヤコフスカヤからも遠くないよ)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:00│ブログランキングPermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2015年07月16日

ベトナム料理「サイゴン」

日本食はブームを通り越して、全く珍しい選択肢ではなくなったモスクワ。
それでも、実際に気軽に食べられるのは“Суши (Sushi) ”であって“寿司”ではない。
他のアジア料理も、安くて美味しい場所って、結構少ないんだよね。

そんな中で、結構いい線いってる、この店。

IMG_1058

ベトナム料理の「サイゴン

どの駅からも少し歩く、あまり良い立地ではないのに、

FullSizeRender

店内は結構混んでる。

その理由の一つは多分、安くて美味い、ビジネス・ランチ。

選べるのは、1)前菜。

IMG_1060

ポテトサラダとか、

IMG_1062
これ、冷やし中華の具みたいで美味しいw

キュウリと鶏の中華サラダ。


そして、2)スープ。

IMG_1061

ピリ辛のエビのスープは、マイルドなトムヤムクンみたい♪

IMG_1064

クリアスープのラプシャ(麺)スープ、等々。


そして、3)メイン。

FullSizeRender 2

この日は揚げ春巻きと、ポテトフライをチョイス。
皮がカリッカリ♪
量もランチには十分。

さらに、4)コーヒーやジュースなどのドリンクも付いていて、
お値段なんと

250rubポッキリw

ランチは、これ以外にも沢山の選択肢があるので
続けて行っても色々食べられる。

ビールもどれも100rub以下だし、

こんなに安くて大丈夫か?!。。。と思ってしまう。^^;

どうか潰れませんように。。。(-∧-)ナムー

==========
Сайгон/サイゴン
ул. Б.Грузинская д.39
+7(967)021-35-79, +7(925)131-29-85
メトロ:ベラルースカヤ/マヤコフスカヤ



人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:00│ブログランキングPermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote