デモ
2011年12月12日

民主主義って何だろう@9ヶ月目

先週の日曜日にあった、下院選挙以来
モスクワでは、そしてロシア各地でも、デモや集会が開かれている事は
先日の記事でもお知らせした通り。

10日(土)は、日本でも(少〜〜しだけ)報道されていた様なので
ご存知の方も居るかもしれないが、今までの規模を遥かに上回る
デモ、集会が、ロシア各地で開かれた。

サンクト・ペテルブルクでは1万人越え
モスクワでは2〜15万人と、
幅広過ぎてどこに真実があるのか分からない情報もあった。


そもそもこの流れのキッカケは、4日(日)の選挙。
プーちゃん率いる統一ロシアは、何とか過半数に届いたと言う結果にはなったものの
実は数々の不正があった事が次々に暴かれ、
その映像がYouTube等で公開され、人々を怒らせた。

これは大きなキッカケだけど、あくまでもキッカケであって
ロシア人のプーちゃんに対する怒りの素地は元々あった。

「来年の大統領選で、このままプーちゃんになったら、
黙ってたら後12年はプーの時代かよっ!いい加減にしろや、ゴラァっ!」

って、多くの人が思ってた。

だから、簡単にバレちゃう様なナリフリ構わない不正をしてまで
票の操作したのに、辛うじての過半数が精一杯。
統一ロシアは大きく議席を落とした。
クリーンな投票が行われてたら、どんな結果になったか。
想像するのは難くない。

そんな風に舐められたロシア国民達が、
政権に対する怒りの声を大きく爆発させたのが10日だったのだ。

もちろん、反政府系の集会はこれまでもずっとあった。
主催者側は(私が知る限り)常に平和的集会を心がけて行っていたはずだが
大抵、必ずと言って良い程、拘束される人がいた。
先だって行われた、5(月)6(火)の集会では
実に500人以上が拘束された。

それ程までに、当局は反政府系の集会に対しては厳しく。。。
理不尽な程に厳しく、時に不当なまでに厳しく対処していた。

土曜日の集会も、相当数の警備が配備されたであろう事は
ライブ中継を見ていても明か。

また大量に拘束されるんじゃないか。。。
体制派の人達と暴力沙汰になるんじゃないか。。。
そして、大きな暴動へと流れ込んでしまうのではないか。。。

大方の人がそんな風に心配していたのではないだろうか。

終わってみると、その予想を大きく覆し

全くの平和的活動だった。

救急車一台、出動する必要がなかった。

しかも途中、右派から煙弾や火が群衆めがけて投げつけられる等の煽りに対しても
参加者は随時、消火したり、警察に通報したりと適切な処置をして
決して挑発には乗らなかった。

小さな諍いさえも報告されていない。

警察も今回は、むやみに拘束や逮捕をせずに
「民主主義の警察たるべき行動をしてくれた。」
と、集会の主催者側も賛辞を贈っている。
実際、モスクワでの拘束者は、なんと「0」
一方、
サンクトでは30人程度等、他の地域でもやはり拘束者が出た。

この集会は、最近の例に漏れず、主にFacebookやTwitter等
SNSを使って呼びかけられ、ここまで膨れ上がったのだが
その過程で、しっかりと「平和的活動」であることも啓蒙されて行ったらしく
なんてクリアに、その意図が功を奏している事か。

ここまで徹底して平和裏に終始出来たのはきっと、

人々の「変えたい思い」が強いから

ではないか、と感じた。

人は、何かを痛烈に成し遂げたいと思う時
多少の邪魔が外野から入っても
その信念を貫いて行ける強さを持つんじゃなかろうか。

でも、その“信念”を持つにはきっと、沢山の裏付けが必要なんじゃなかろうか。
その裏付けは
テレビタレントの誰々が行ってたから、とか
友達がみんなそうだから、とか
今が辛いんだから、とにかくコレじゃダメなんだ、とか。。。
そんな表面的な事では、きっと、ない。

自分の頭で考え、
それには、常に興味を持ち、
そして、知る。
自分の意見を持ち、
人の考えを聞き、
何度も何度も、
上に行ったり、下に行ったり
右に行ったり、左に行ったりしながら
少しずつ、少しずつ、重ねたり、はぎ取ったりして行く。。。
それでも尚かつ、心に残って動かないモノ。

そんなモノに裏付けされて、人は“信念”的なものをもつのじゃなかろうか。

ロシア人は、近代史に於いて、沢山の苦悩の時を経験して来た。
その事は、人々に、
明日のパンの心配の次くらいには、自国の未来を憂う思いがあったんじゃないだろうか。
知識や情報の差こそあれ、みなが政治に興味を持ち、憂い
だからこそ、アグネトードという、
政治を揶揄する高度な小話が発達したんじゃないだろうか。

政治に関われるか関われないかは別として、
人々の政治への感心は常にあった。。。と。
バカみたいに儲かってたバブリーな時期は分かんないけど。。。

今回の動きが、今後どのように政治に影響をもたらして行くのか、
私なんかには分からない。
でも、何らかの影響はある筈。。。
少なくとも、土曜日の集会の様子をロシアの国営放送は報道したと言う。

たった1週間程度で、これだけ大規模な集会に出来たロシア人。

何だか少し、羨ましく思った。

色んな意味で、この国はマダマダだと思う。
今回の不正選挙だって、民主主義国としてあってはならない事。
でもその事に、今回人々は声をあげた。大きく。
国民の力で、国を変えたいと願う人が集った。


翻って日本は。。。

もちろん、日本でこんなあからさまな不正なんかない。
民主主義になってまだ20年程度のロシアと比べたら
日本は民主主義国家としての大先輩。。。

。。。の筈だが、日本で本当に民主主義が成熟しているかと言えば
どうもそんな風には思えない。

今日は、3.11から9ヶ月目で、今年最後の11日。

私の様な無学&ノンポリ(ただし、ワイドショーレベルでは好き(ーvー;))
『みんしゅしゅぎ』について考えるなんて、甚だテーマがデカ過ぎる。
でも、震災を機に、その後から現在に至るまで起きている様々な事をきっかけに
どうしても考えてしまう『ミンシュシュギ』というシステム。

薄々気が付いてはいたけど、どうも「政治に参加してる感」がない。
どうも「政治家が国民の声を拾ってくれてる感」がない。
どうも「政治家が国民の代表してくれてる感」がない。

でも、その政治家を選んでいるのは、間違いなく国民。

思ったのは。。。

アタシ達、テキトー過ぎたんじゃないか、って事。

政治家に一票を投すると言う事は、その政治家が何を訴えているのか
国民自身がよく勉強しないといけない。
その一票は、自分自身の責任。
「いつも◯◯党に入れてるから」とか
「テレビで良く見る人だから」とか
「選手時代に応援してたから」とか
そんな理由で一票を投じて、いざ当選したら、自分が投じた一票の責任も顧みずに
「あいつはダメだ!」。。。と。

1.2億の人口で、9千万人ノンポリとかでは、
民主主義は成り立たないのではないか、と。
いや、割合はもちろん適当ですよ。。。(^^;)

だからそんな国民に選ばれた政治家に、
国民の声をすくい上げられる訳ないんじゃないか、と。

今日も、日本各地で脱原発のデモが開催されたらしい。
都内では5千人規模だったとか。
しかし少なくとも、こちらで見られる日本のテレビのニュースでは
1秒たりとも取り上げていない。

こんなにも多くの人が訴え、不安に思っている問題を
議論らしい議論も行われずに、再稼働がなされ、輸出の準備がなされている。

私は、国民の声を聞こうとしない政府を責める。
優先順位が自分のそれとかけ離れた政府を責める。
納得しない国民達に、説明する事を忘れて安全と言い、基準値を押し付ける政府を責める。
「復興」や「福祉」というマジック・ワードを隠れ蓑に
より簡単に、より確実に、より弱い者から搾取しようとする政治家を責める。

でも、自分も責める。

なんでもっと、色んな事に興味を持って接して来なかったんだろう。
なんで「政治に参加してる」という強い意識も持たないまま
「政治に参加出来ていない」と文句ばかり言って来たのだろう。

日々に忙殺されて、考える時間がない。。。

そんな言い訳は誰にでも出来るし、考えない事は簡単。
また、誰かの意見に迎合し、盲目にそっちだけを信じるのも簡単。
考えて、自分の意見を持つことは、疲れるし、時間が掛かるし、メンドクサイ。

でも、そうする事でしか、民主主義なんて成り立たないんじゃないだろか。。。

そんな事を、何かに付けて考えてる。


ロシア人がどうなって行くのか、とても興味深い。
もしかしたら、この動きが「第2のペレストロイカ」の様な大転機になるなら
このモスクワで、その歴史的瞬間の目撃者となれたら、そんな光栄な事はない。


同じ様に、私達の世代が、本当の意味での『民主主義』を成熟させる事ができたら。。。

そんな風に考えるキッカケとなったのが
不正選挙ではなく
多くの多くの、とても多くの人の命と生活。。。だからこそ、
今、変えたいし、変わりたい。。。と、切に願う。

来年もきっと、グジュグジュ考えます。
ないアタマで。。。


今年最後の11日に寄せて。


りり拝
2011年12月11日 @モスクワ

参考記事:
http://en.rian.ru/russia/20111211/169905796.html
http://en.rian.ru/russia/20111210/169588733.html
http://rt.com/news/showcase-protest-moscow-bolotnaya-517/
http://www.themoscowtimes.com/opinion/article/editorial-we-are-people-citizens/449649.html
投票のやり直し等の要求が通らなかった場合、
2週間後の12月24日に再び集会が予定されています。



人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 00:40│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年12月10日

明日の集会について等。

アップが遅くなりましたが、念のため
明日、明後日について、大使館からのお知らせを転載しておきます。

==========
平成23年12月9日
在ロシア日本国大使館領事部

安全上のお知らせ(今週末における集会・デモ行動に関する注意喚起)
                          
1.ロシアの各都市において発生している集会・デモについては,当館より7日(水)に発出した「安全上のお知らせ(政権派及び反政権派による集会・デモに伴う留意事項)」でご案内のとおりですが,報道等によれば,今週末にはモスクワ市内において下記の場所(地図参照:http://g.co/maps/x83ar)において集会・デモが予定されており,特に明10日(土)にバロートナヤ広場(旧レーピン広場:クレムリン及びモスクワ川の南側)で予定されている集会には3万人程度が参加するとされています。      
また,これまでに集会・デモが行われた場所(上記地図参照)においても集会・デモが発生する可能性があります。

2.加えて,11日(日)は,昨年コーカサス地方出身者に殺害された「スパルタク」サポーターを追悼する無許可集会がマネージ広場で行われ,治安部隊と衝突する事件が発生した日から1周年にあたることから,民族主義者団体による集会もバロートナヤ広場(旧レーピン広場)において予定されており注意が必要です。
これまでのところ,集会・デモはロシア当局の厳しい管理下で行われており,参加者が暴徒化したり,政権派と反政権派が衝突するような大事には至っていませんが,在留邦人の皆様におかれましては,このような集会・デモに近づかないよう引き続きご注意ください。


記(9日12時時点)
10日(土):
バロートナヤ広場(旧レーピン広場)  
14時〜18時 反政権派
15時からに変更になった模様。
革命広場(無許可ながら参加の呼びかけ)14時から     反政権派   

11日(日): 
バロートナヤ広場(旧レーピン広場)   14時〜16時 民族主義者団体
同    上                   16時〜18時 反政権派        

以上

送信元:在ロシア日本大使館領事部
電 話:(495)229-2520
FAX:(495)229-2598
http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/
ryojijp@mw.mofa.go.jp 


==========

ちなみに、昨日今日は、割と静かな感じでしたね。
プーシキンスカヤの広場は、もう常設の体制派集会場と化してるようでしたが。。。

んが。。。一部報道では



こんなVTR流してたそうな。。。

これは、米FOXが「モスクワの様子」として報道したものですが

1、明らかにモスクワでは見た事のない電話ボックスが映っている。

2、映ってる人がジーパンに長袖Tシャツ。12月の、モスクワで、です。

3、確かに似てるっちゃー似ているが。。。映ってる文字が、どう見てもギリシャ語。

。。。(ー∀ー;)。。。

そうです。
ギリシャで起こった“暴動”の様子を移したビデオを
モスクワの状況かのように報道したのでぃすねぃ。。。

元記事はこちら

で、このビデオを最後まで見ると、なんと
CNNがモスクワのレポートにかぶせて流してたビデオが
モスクワはモスクワなんだけど、
以前、サッカーのフーリガン同士がいがみ合って、暴動と化した時の様子だったのね〜。

ほんっっとに。。。どんだけいい加減だよっ!!(ーー)凸

モスクワのデモ参加者の皆さん(特に反体制派)の名誉の為に申しますが
現在のモスクワは

エジプトにも

ギリシャにも

ロンドンにさえもなっていません。

物々しくて物騒に見えるのは(今の所)警察や軍の方。
明日の集会も反体制の維持に掛けても。。。
意地にかけても、平和的集会として徹頭徹尾、貫いて頂きたいものです。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 05:51│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年12月08日

デモ関連お知らせ&今日の様子@モスクワ

特筆すべき追加情報はありませんでしたが、
大使館からのお知らせが来たので、一応転載しておきます。

==========
平成23年12月7日
在ロシア日本国大使館領事部
安全上のお知らせ
(政権派及び反政権派による集会・デモに伴う留意事項)

1.報道等によれば,12月4日の国家院(下院)選挙当日から5日(月)、6日(火)にかけ、モスクワ市内の各所(凱旋広場、革命広場、プーシキン広場、マネージ広場、赤の広場、チーストィエ・プルドゥイ、ルビャンカ広場など)やサンクトペテルブルクにおいて、政権支持派及び反政権派による数千人規模のデモや集会が開催されました。このデモや集会により、ロシア当局は反政権派のデモ参加者数百人を拘束した模様です。

2.今後更にモスクワを初めとするロシアの各都市においてデモや集会が行われるとの情報 (10日(土)凱旋広場、革命広場など)もあり、また、ロシアのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)サイトなどでデモへの参加呼びかけもなされています。つきましては、在留邦人の皆様におかれては,不測の事態に巻き込まれないよう、今後の報道等に注意し、デモや集会が予想される、または行われている現場にはくれぐれも近付かないよう,また、遭遇した場合には直ちに現場から立ち去るように十分ご注意願います。
また、当局による警備強化が行われていますので、有効な旅券、査証の携行についてもご留意願います。 
(参考)
 モスクワにおけるデモ・集会発生場所: http://g.co/maps/x83ar (地図へジャンプします)                 
以上 

送信元:在ロシア日本国大使館領事部
電 話:(495)229-2520
FAX:(495)229-2598
http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/
ryojijp@mw.mofa.go.jp 

==========

ちなみに、今日の街の様子は

1207_11

ここはプーシキンスカヤの広場。1時過ぎ。
ステージも出来てて、音楽もガンガンなってて、セキュリティーゲートも準備おk。
いつ始まってもおかしくない感じでしたが、集会参加者と思われる人は
まだいませんでした。

メトロに乗っても、特に警官の数が多い訳でもなく
さして緊張感も感じませんでしたが、
夕方、マヤコフスカヤにさしかかるると。。。

1207_1

結構な数の警官

1207_2

駅前の広場を中心に

1207_4

サドバヤの一部と、ツベルスカヤはクレムリンに向かって
お巡りさんだらけ。。。

集会の参加者らしき人はまだいませんでした。
5時くらいです。

今日に限って言えば、昼間は全く通常通りと言って良い感じでした。
夕方は流石に物々しくなって来てましたね。

1207_3

今日で終わりではないので、とりあえず様子を見ましょう。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 00:00│ブログランキングPermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年12月07日

ご注意下さい。デモ@モスクワ

在モスの方はもうご存知だと思いますが
先日の選挙の結果を受けて、昨日、一昨日と市内中心部では
大規模なデモ活動が行われています。

特に昨日は、参加者総勢1,500〜15,000人。
そこに、警備員5万人(!)と軍2千人&戦車(!)を投入
300〜500人程度が拘束されたそうです。

私は思いっきり中心部に住んでいますが
幸か不幸か、昨日は熱を出して一日中寝込んでおり、実際には目にしていないのですが
昼過ぎから近所が騒がしく、いつもとは少し違う音がしていました。

その後、Ustreamでデモの様子の生中継をずっと見ていたのですが
どう素人目に評価しても1、500人以上は参加していました。

多くのメディアがこのデモをriot(暴動)という言葉を使って伝えていましたが
中継を見る限りでは、参加者の行動は、
シュプレヒコールこそ、大きく上げられてはいましたが
むしろ平和的だった様に思います。
記憶に新しいriotとしては、ロンドンのそれがあると思いますが
それとは比べると、相当牧歌的(^^;)です。

にも拘らず、途中、(公式発表未確認ながら)催涙ガスが投入されたという
Twitterが流れて来たり、反政府政治家として有名なネムツォフ氏が早々と
(何故か地下鉄で(ーー;))拘束されたりと、
なかなかに盛りだくさんの内容でした。

さて、在モスとしては、気になるのはその治安です。
一部の会社では
「中心部に近づかない」「メトロ禁止」等のお達しが出ている所もあるようですが
実際は、どこまで気をつければ良いのでしょう?

今回のデモがいつもと違うのは、
規模の大きさ。
そして、反政府と政府側の両方が集会を行っているという事です。

集会は、本日以降も開催されるとの情報もありますが
許可/無許可の集会が入り乱れる事が予想されるので
いつ、どこで、というのが現段階では掴み辛いと思います。


今、非公式ながら分かっている情報としては:

今までは、戦利広場(マヤコフスカヤ駅)
プーシキン広場(プーシキンスカヤ駅)
革命広場(プローシャチ・レヴォリューツィ駅)
等が主な開催場所でしたが、それ以外でも集会が行われる可能性もあるようです。

集会は19時から毎日(どこかで)開催されるとの情報もありますので
少なくとも、夕方以降の外出には気をつけた方が良さそうです。

前述した様に、現段階では平和的に行われている集会ですが
政府が必要以上に押さえ込んでいる感も否めません。
コン・プロ入り交じりのデモ&集会であるを考えても
いつ、どのように状況が転換するか、注意をするに越した事はありません。

すでに「アラブの春」ならぬ、「ロシアの春」という言い方もされて来ています。

大使館にメール登録している人には
本日中には、領事部からなんらかの連絡が入る事になっています。

今日はやはり19時からマヤコフスカヤで
土曜日には反政府系300人規模の許可集会が革命広場で行われるそうです。

こちらのリンクでも集会情報が入手できます。
が、網羅ではなさそうなのでご注意。

こちらでも情報が入り次第、またアップしたいと思います。

※情報は、いつもながらブロガー友でリアル友のKazueちゃん他、
モスクワ通クラスタのみなさんの協力により収集させて頂いた物です。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 17:18│ブログランキングPermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年11月08日

革命記念日パレード de デモ@モスクワ

昨日の11月7日。
ご存知、モスクワの赤の広場では
1941年に、ドイツ軍に立ち向かう為にソ連軍が赤の広場から行進を始めた時から
70年を記念して、それを再現するパレードが行われた。

1107_01

一般人は(多分)立ち入り禁止で、退役軍人や関係各位が赤の広場に集まり
寒空の下(多分ー6℃位)赤の広場でのパレードを堪能した。。。と思われる。


周辺はもちろん、厳戒態勢。

1107_03


野次馬も沢山。

1107_02


最寄りの地下鉄駅の通路ではスターリンさん(?)のコスプレ。

1107_04

いえいえ、わざわざ見に行った訳じゃぁござんせんよ。
“ついでに”どんな感じなのかなぁ〜、と様子を見に行ったまで。(^^;)

11時にパレードは始まり、その後、一般にもお披露目のような情報もあったが
何時からやるのかなぁ。。。と、ウロウロしていたのは12時過ぎの事。

それから近所で所用を済ませ、夕方に徒歩で家路を歩いていると。。。

1107_05

おっと。。。コレはもしかして。。。赤の広場で行われていたパレード?


1107_06

一般お披露目??

と、思ったモノの。。。

1107_07

おや。。。一般の人らしき大勢の方々が。。。(ーー;)

もしかして。。。


1107_09

もしかすると、こりは。。。

1107_10

デモに巻き込まれたに違いないっぽい。。。(; ̄Д ̄)


1107_08

この、悪そーーーーな顔の、プーちゃんやメドベエのイラストから見て。。。
彼らは、この方々を良く思われていないのだろう。。。と推測。

1107_12

『誰かと誰かは、何かを与えるべき!!』
ロシア語能力の不備により、詳細を端折らせてい頂いています。
堪能な方から訳の一方があり次第、追加アップ致しまする。。。(ーvー;)


という手書きのプラカードを持ったオバサマ。
10代か20代と思われる若者も加わっていて、
あんまり危険なカホリはありませんでした。。。


1107_13

んが。。。詳細不明。。。
自慢じゃぁありませんが、ロシア語力『0』ですから。。。(ー∀ー;)


1107_14

日本でも最近はお馴染み、サウンドカーもあったよ。

1107_15

このデモもグループに分断されてたけど、一つのグループに100人は居たと思う。
しかも、グループとグループの間は数十メートルも空いてない感じだったから
デモ参加人数と、周りから見た参加人数が乖離してなさそう。

私が参加した5月のデモは、50人位にぶつ切りにされた上に
グループとグループの間が結構離れてたし、
細々と道路脇を歩いてたから、こんな圧巻な感じはなかったね〜。
今は日本のデモも、こんな風になってるのかな。

ちなみにここは、モスクワでも一番の目抜き通り、ツベルスカヤ。
渋滞が酷い通りだけど、デモの為に片道3レーンくらい開けてたよ。

ま、モスクワでも虐げられるデモの話も良く聞くので
これは特別なのかもしれないけどね。
(だから、危険臭もなかったのかもしれないけど。)

デモだけじゃ変わらないけど
デモが変わる事のスタートになる事はあると、私は今も信じてる。
それに、嫌な事を「嫌だ」と言う事は、大切だと思うんだよね。
「デモなんてするより、代替案を出したりしないと、法案を出さないと、何も変わらない」
と、シニカルに評する人も居るけど、どれも必要だし
全部を全員が出来る訳じゃない。
考える事は皆でしないといけないけど。。。
一般人に出来る事って、結構選択肢少ないと思うし。
出来る事を、出来るフィールドで、やったらいいんじゃないかな。。。と。。。

そんな事を考えながら、零下のツベルスカヤを、パレードとは逆方向に
テクテクと歩くワタシでした。

そしてまた風邪を引いた。。。orz


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 23:42│ブログランキングPermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック