マトリョーシカ
2013年09月01日

新聞でマトリョーシカ♪

まだまだ酷暑の東京です。。。
冗談抜きに、暑くて死にそうです。。。(ーー;)

さて、今日の東京新聞日曜版に、こんな特集が組まれていたのでご紹介。

0901_3

「マトリョーシカ」

いや〜、日本で流行ってるのは十分承知してるけど
新聞で扱う程とは驚いたw

マトリョーシカについては、マト作家の友達も居るし
マト好きな友達もいるし、
先日お邪魔した「ロシア雑貨パルク」のヒロミさんからもお話聞いたし
割と色々知ってる方だとは思ってるけど
まぁ、それでもモスクワ内で言ったら常識程度の知識だけど。。。^^;
それでも「へ〜」と言う様な事も載っているこの記事。

ついでなので、マトリョーシカについて、ちょっとまとめておこうと思う。

まずは、【マトリョーシカの起源。】
諸説あるようだけど、一番有力とされていて、この特集の中でも挙げられてるのが
“箱根の入れ子細工が原点説”
1890年代、ロシアの宣教師が神奈川県の箱根を訪れた際に入手した
七福神の入れ子細工(組子)をロシアに持ち帰り、
それを元に、七福神ではなくロシアの女の子を描いたのがマトリョーシカ、というもの。

“マトリョーシカ”という名前は、革命前のロシアで流行った女の子の名前
“マトリョーナ”に、日本語で言う所の「○○ちゃん」と愛称にする形式のロシア語版である
“シカ”をつけて“マトリョーシカ”になったんだそうな。へ〜。。。


【伝統的な産地】
セルギエフ・ポサード
セミョーノフ
ポポロフメイデン


【素材について】

柔らかくて弾力性に優れている白樺や菩提樹を使う事が多い。
マト型を作る作業は意外と手間が掛かっていて、その完成には2、3年掛かる。
まず、木を切り出したあと、自然乾燥させ、その後いったん水を含ませ冷蔵庫に運び
機械で乾燥させる。この乾燥に2、3年掛かるんだそうな。

最近では、機械で急速に乾燥させて短時間で仕上げるケースもあるらしいけど
そういうのは後からヒビが入ったり、やはり品物が良くないんだって。

面白かったのはココ。

0901_5

マト型の上下は、実は違う木を使用していて、
下の部分は良く乾燥
上の部分は乾燥させた後、再び水に漬けて湿気を持たせる。
こうすることで、上下を会わせたとき、
上の部分が弾力を持ってピッタリはまるようになるんだって。
へーへーへーへーーーーー!手間掛かってんなーーー!


そしてココは、ロシアのお土産でマトを貰った方には
ぜひ知っておいて頂きたい所。

【正しい扱い方】

0901_4

ロシアと違って高温多湿な日本では、やはり注意が必要らしい。
色褪せ野やひび割れを防ぐため、直射日光や、大きな湿度の変化を避ける。
また湿度が高い場所に置くと、上下の接合が固くなってしまう場合もあり
そうなってしまったら、ムリに開けようとせずに、
湿度が下がってから開けるといいんだって。へーーーーーー!!!

普段の開け閉めは、ひねったりしないで、
優しくしたから上に押し上げて開けてね、と。

そして、上下を開けっ放しの状態にしておくと
二度と合わなくなってしまう場合もあるので、要注意!!
と。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それぞれに変形してしまって、はまらなくなるんだ。。。
これ、結構やってしまいそう。。。
私も気をつけよう。。。(ーー;)


いや〜。。。マトリョーシカって奥が深いね。
やっぱ単なる“お土産品”じゃなくて、“工芸品”なんだよね。
最近は中国産の安〜〜〜〜いマトが日本で数百円とかで売ってて
ガーーーーーーーーーン。。。( ꒪⌓꒪)
とかなっちゃうけど
(見た目にはそんなに変わらなかったりするから)
やっぱ本物は違うし、キレイなんだよね。
ロシアでも中国人のコピーは結構問題になってて
マトリョーシカ・アーティストの友達アーニャも
「色んな所で自分のマトが扱われるのは嬉しいけど
そう言う所の写真を元にして、中国人にコピーされて安価に売られるのが恐い。
友達も被害に遭ってる。」って言ってた。

まぁ、見た目が似た様な感じだと、買う方はやっぱ安いのを選んじゃうんだろうけど
魂込めてデザインしたマトをサクッとパクられるのは辛いよね。。。

私なりのマトの選び方の一つの目安としては、
最後のピースまで丁寧に描かれてるか?って事かな。
良いのを選びたい時は(単純に高いのって意味じゃなく)
面倒でも最後のピースまで開けて見る。
一見良さそうな品物でも、小さいピースはいい加減に描かれてる事が多いからね。

例えば、以前、我が家にお土産として買って来たマト。

0901_2

まだマトの事も良くわからずに買って来たものだけど
今見ても、なかなか良く出来てると思う。
これ、実は一番大きなピースで5cmもない。
その中に9ピース入っていて、全部で10ピースのモノ。
小さいだけに描くのが大変なんだけど、9ピース目まで丁寧に描かれてる。
10ピース目は、直径1mm位の玉で、流石に何も描いてないけど
その前の9ピース目もかなり小さくて、一件そのピースが開くとは思えない程。
もちろん女の子の絵が描かれてる。

マトを良く知ると、見るだけでももっと面白くなるし
貰う方も、もっと嬉しくなるんじゃないかな。
今朝の記事を読んだ母は、そうだったみたいw

0901_1

これはサンタ・マト。
実家にあるのは、今の所、この二つ。
これから増えるかな。。。?^^

パルクさんでは、東京恵比寿で「マトリョーシカ展」もやるよ。
9月6日からだって!興味のある方は、ぜひ。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:00│ブログランキングPermalinkComments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2011年06月20日

アーティスト・マトリョーシカ

少し前だけど、
ご近所の友達K子さんが、お宅にマトリョーシカ作家のアーニャさんを招いて
販売会を催してくれた。

伺ってみると、彼女のボーイフレンドも来ていて
彼はロシアのアンティーク本等を持参。こちらも興味深かった。

0518_02

新しい本もあったけど、本屋さんで買えない様な珍しい本だったらしい。

0518_01

りの字もおった〜♪(^ー^)


さて、お目当てのマトリョーシカは、こんな感じ。

0518_03

今まで何回かこのブログでもマトリョーシカは紹介しているけど
これは間違いなく“上物”。

0518_04

アーニャさんの作品は、優しい顔に細かい柄、
何となくノスタルジックな色使いが特徴。


0518_06

もちろん、お値段もそれなりにするけど
自分への一品とするには相応しいかもね。

一方、お土産にするなら、例えばマト・ストラップ。

0518_05

アルバートのお土産屋さんでもマト・ストラップは売ってるけど
こんなに可愛くて、丁寧に描かれた物は少ない。

こちらは同じく、マト・ピアス。

0518_09

実際に身につけるかどうかは意見が別れる所だと思うけど。。。(^^;)
とにかく、カワイくね?

マグネットもあったよ。

0518_08


で。。。こちらが、その作家のアーニャさん。

0518_10

うーむ。。。本人を表す様な作品だよねぃ。。。
カワエエ。。。(ーー

アーニャさんはお土産市場、ヴェルにサージュの2階でもお店を開いているらしい。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 21:00│ブログランキングPermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2010年10月22日

マト・メジャー

。。。って、オイル・メジャーとかじゃないよ。(ーvー)

昨晩、ある荷物が届いた。



中身は、



これ。

matocup1

超〜〜〜〜カワイくね?

こんなカワイイの


もちろん、ロシアもんじゃないよ。


そして、空前のマト・ブームの日本もんでもない。


なんと。。。



フロム USA



西海岸在住のサムライウーマン、yukiさんからの贈り物。

yukiさんは、単身アメリカに乗り込んでバリバリ働いている
まさに“サムライウーマン”。
ドイツに渡る前の私の夢だった事(渡米&就職)を地で行ってる
キャリア・ウーマンだ。
彼女のブログは、日米のビジネスの違いや
上司として、部下として(日米限らず)やって行く上での心構えや問題等
共感する事がとても多く、ついついいつも立ち寄ってしまう
“為になる系”ブログ。
しかも、かつてモスクワにホーム・スティしていた事もあり
(私は以前アメリカに住んでいたし)共有できる話題も多いのだ。

そんなyukiさんがアメリカから送ってくれたブツが、
こんな可愛いマトちゃんとは。。。

しかも、これ

matocup3

実は、メジャー(計量カップ)になっている。

matocup2

一番大きなマトの頭が1カップ。
下の部分が4分の3カップ。
2番目に大きなマトの頭は3分の2カップ。
下は2分の1。
一番小さなマトの頭は3分の1カップ。
下の部分は4分の1カップ。

ちょっとちょっとぉ〜、憎いじゃないの?この仕掛け!

このセンスがロシア人にあれば。。。

。。。orz

マトリョーシカのなんたらやら
チェブラーシカのかんたらやら。。。

使えるキャラのポテンシャルは高いのに
アイデア&デザインが、なんとも残念な感じになっちゃうんだよなぁ〜〜。。。
(´▽`;)

ちなみに、yukiさんが投函してから、約20日で手元に届き
箱は開けられた形跡もなし。
今までドイツやイギリスからの封書が何回も無くなってる事を思うと
上出来の配達でしょう。(ーー;)

yukiさん、ありがとう(^ー^)
また帰国が重なったら、会おうね〜♪


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 00:30│ブログランキングPermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2010年09月04日

マト市場崩壊。

ロシアに住んでいる外国人に取って
マトリョーシカは“数少ないロシア土産の一つ”だと言う事は間違いない。

しかし、以前の一時帰国の時の記事にも書いた通り
日本は空前の(?)マトリョーシカブーム。
マトグッズは、本場のそれを遥かに凌ぐ種類の商品が巷にあふれている。

しかも、日本のマトグッズは、総じて“あか抜けている”。
“小ジャレている”、“洗練されている”。

しかし、その事はある意味、生粋のロシア生まれのマトリョーシカが
“ロシアらしさ”をアピール出来る材料にもなる。

つまり、ロシアのマトリョーシカやマトグッズは
非常に素朴で、手作り感溢れ、
ともすれば、そのダサさこそが、それらを愛くるしく見せる要因でもあったからだ。
モノは良いようやねぇ。。。(ーvー;)

故に、日本でどんなにマトグッズが作られたとしても
ロシアから買って行く、本場のマトリョーシカは、
日本にはない、独特の雰囲気を持つ

“本物のロシア土産”としての地位を保てる。

そう思っていた。

でもね。。。
こんなモノ、この値段で日本で売られちゃぁ〜。。。

これから一体、何を買って行けばいいんだ?!

tky21

この絵付けの残念さ素朴さ、不揃いさ、まさにロシアではねぃのっ?!

それを、あーた!

525円で売られた日にゃぁ〜、

現地から買ってくるアタイらはおしめーよっ!(><)

しかもね。。。

tky22

これまた、在露の人にはお馴染みの
マト・キーホルダー。

お値段なんと

しゃく円(¥100)ポッキリ。

ちょっとちょっと。。。
こんなん、お土産市場でも100円以上するわよ。
(ーー;)

果たしてこの店が、これらの商品をロシアから輸入しているのか
日本(アジア)で作っているのかは分からない。
しかし、このロシアン・クオリティーで、日本で安く売られちゃぁ〜、
わざわざロシアから買って行く意味は皆無。

考えてみれば、高品質の物を真似るのは、時に非常に難しい事ではあるが
残念品質を真似るのは、オチャノコサイサイな筈。
若しくは、大量にロシアに発注して激安で仕入れる事も出来るのかもしれない。
マト・ブームが続く限り、こんな状況が生まれるのは時間の問題だったのだ。


しかし、聞いておくれよ、日本の皆々様方。

ロシアのマトリョーシカの品質は、実に様々。
今回紹介したような、『THE 土産用』 のモノから
美術品と言える程緻密に絵付けがされた最高級品まで。
もちろん、お土産に買える値段の範囲でも、その品質差は結構大きい。

だから、もし、今後もお友達等々から、
ロシア土産としてマトリョーシカを貰っても

けっ!マトリョーシカかよ!新宿の◎X店で売ってるよっ!(`ε´)

等と思わず、今一度、もらったマトをよく見て見てちょーだいマセ。
大きさや、柄が似てても、丁寧に絵付けがされていて
柄もよく見ると、
◎X店で525円で売られているものよりも細かいかもしれない。

そして、何よりも、数少ないロシア土産(これが切実!)の中から
一生懸命そのマトリョーシカを探して選んだ、友達の気持ちを汲んであげよう!
そのマトの価値は、525円以上である事は間違いない!←必死。

頼むよ、みんな〜。。。(T_T)



。。。ところで。。。

地下鉄で、こんなステッカー見つけた。

tky3

どうやらマスカラの広告。。。

モデルは。。。

tky2

いっ。。。以蔵?!(なんとかタケル君)

よく見ると(ボケちゃってるけど)

「タケルのマスカラ…」

というキャッチが。。。

昨今のニッポン男児は、マスカラを施すのでぃすか?!ノ( ̄0 ̄;)\


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 21:40│ブログランキングPermalinkComments(16)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2010年06月12日

ロシアのお土産、案2。

ロシアの伝統的なお土産と言えば、コレできまり!
と、言っても良い程有名なマトリョーシカ。
。。。ってゆーか、コレ!しか知られていないかも。。。(ーvー;)


19世紀にロシアの宣教師が箱根を訪れた際に見つけた入れ子細工が、
マトリョーシカの元とも言われている。

私も最初の頃は、友達へのお土産はマトリョーシカばかり。
しかし、今思えば、あまり質の良くないマトを
結構な値段で買ってしまっていた事もあった。(ーー;)

1年半を経て、今では、最低限のポイントは見ているつもり。。。

まず、何と言ってもその描き方
好みもあるけど、いい加減なのは本当に酷い。
最初にいい加減のを見ると
“こんなモンかな。。。”
と、思ってしまうが、丁寧に書かれた品を見るとその違いがわかる。

そして、最後のマト(一番小さい人形)まで、丁寧に描かれているか
一番目、二番目のマトはキレイに書かれていても
その先の子達がいい加減な事は良くある。

それから、中のマトリョーシカの数
いくつ中に入っているかで、値段が変わって来る。
これは大きいから沢山入っている訳ではなく
5cm程度の小さなマトの中に10個も入っている物もある。
逆に大きくても中に1つしか入っていないのもあり、それは値段に反映して来る。

基本的には、数が多い方が高い

大きい物は小さい物より高い事が多い

が、小さいからと言って、安い訳ではない
上述の様な、5cm程度の大きさの中に10個ものマトを入れるのは
作るのも、書くのも大変なので、それなりの値段になる。

私としては、小さく細々とした物が好きなので
つい小さいマトを買ってしまうが
飾る為に買うなら、それなりの大きさがあった方が良い。
これは、見た目だけの問題ではなく
例えば5cmの10個入りだと、
チマチマしたものをどんどん開けて行く楽しみはあるが
最後の一つは小さ過ぎて、無くしてしまいそうで
飾っておくのは怖い。。。

例えば、こんなマトリョーシカ。

mato1


1個目〜3個目

mato2


4個目〜6個目

mato3


7個目〜9個目

mato4


そしてこの中に。。。

mato5


10個目。

mato6
流石に10個目には顔が書かれていないけど、ハッキリ言って9個目を開けるのも大変な程小さい。

バックのペンと大きさを比較して頂くと、その小ささが良くわかると思う。

ちなみに、こんな感じの品物が
アルバート通りで3,000ルーブル(約9千円)程度の値段がついている。
もちろん、交渉次第で安くはしてくれるけど。。。
ヴェルニサージュ市場では、格段に安く買えます。
こちらも交渉次第ですが。。。(ーvー)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 00:54│ブログランキングPermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック