土産
2010年12月06日

チェブラーしか。

先日、日本から帰って来た友達Kちゃんからお土産を頂いた。

奈良に行って来たそうで。。。

shika1

何故か奈良土産がチェブラーシカのストラップ。

しかし、ここはやはり“奈良土産”

このストラップは

shika2
チェブが鹿を抱いてるのね〜。

チェブラー鹿。(ー∀ー;)

恐るべし、日本でのチェブ人気。

そう言や、先月

日本映画のチェブラーシカ

のプロモーションで、
大橋のぞみがモスクワでロシア語で挨拶したとか出てたっけ。。。

ロシアでの映画上映自体は未定だが
出来については、ロシア人にもすこぶる好評の様子。
日本人って、こういうのホントにウマいよね〜。
古臭さまで、完璧に踏襲しちゃうんだから。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 14:26│ブログランキングPermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2010年06月25日

ロシアのお土産、案5。

先日の記事、ファベルジェのイースター・エッグ

fabe_head1

ペンダント・ヘッド。


fabe_head2

割と何処でも売ってるんだけど、このエッグは


fabe_head3

ちゃんと開くんだよね〜。

しかも、開くだけなら、これも結構あるんだけど



fabe_head5


中に“サプライズ”も仕込んであるんだよね〜。

これ、存在は知ってたけど、あんまり見た事無かった。

fabe_head4

先っぽに付いてるのは、天使ナリ〜。

実際に着けるかどうかは、結構趣味の別れる所だと思うけど
チマチマ好きな私は、こんな仕掛けをカワイイ♪と思ってしまうのね〜。
(^^:)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 23:07│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2010年06月24日

ロシアのお土産、案4。

出張等でモスクワへ来る方々、皆さんご存知でした。

モスクワ限定、スターバックスのマトリョーシカ・タンブラー。

staba1

なんで日本でそんなに有名なの?!

一時はモスクワでも大人気で、売り切れ店が続出したと言う話だが
私が知る限りでは、売ってなかった事は一度もありません。

前はこれを一つ買うと、飲み物1杯が無料だったんだけど
今はそんなプロモーションも無く
しかも、いつの間にか値上げした?!

現在価格、1ヶ370ルーブル(約1,100円)也。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 22:57│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2010年06月17日

ロシアのお土産、案3。

知ってる人は知っている。
知らない人は知らないよ。

ロシアのお土産
ファベルジェのインペリアル・イースター・エッグ。

ファベルジェはロシア皇帝御用達の宝石商で
有名なインペリアル
・イース ター・エッグは
アレクサンドル3世が、妻のマリアへのプレゼントとして作られたのが最初。
その名の通り、イースターの時の卵をモチーフにした飾り物だった訳だが
その細工は非常に細かく、卵の中に馬車が入っていたり
ゼンマイ仕掛けで動く動物が居たり
しかも、それぞれとても精巧に出来ている。
これらの細工の事を“サプライズ”と言う。

現在ロシアのお土産として売られているのは
このファベルジェの卵をモデルにしたもの。
本物は、金銀宝石&エナメルで作られている、
とても庶民の手に入る様な代物ではなく
(実際、美術館等でしか見られない)
お土産用は、エナメルやメッキで作られたファベルジェ

と、言っても、お土産用も結構細かくて面白いのがある。

これは、高い品ではないが
(お土産用でも高いものは数万円するよ)

feberuge1


卵の開け口には、ちゃんとラッチが付いていて

feberuge3


中にはサプライズが仕込まれている。

feberuge4
実際にモスクワにある、ロシア正教の教会。

沢山買うお土産としては安くはないけど、
ロシアっぽいなぁ〜、と思わせる一品だよね。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 23:58│ブログランキングPermalinkComments(2)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
2010年06月12日

ロシアのお土産、案2。

ロシアの伝統的なお土産と言えば、コレできまり!
と、言っても良い程有名なマトリョーシカ。
。。。ってゆーか、コレ!しか知られていないかも。。。(ーvー;)


19世紀にロシアの宣教師が箱根を訪れた際に見つけた入れ子細工が、
マトリョーシカの元とも言われている。

私も最初の頃は、友達へのお土産はマトリョーシカばかり。
しかし、今思えば、あまり質の良くないマトを
結構な値段で買ってしまっていた事もあった。(ーー;)

1年半を経て、今では、最低限のポイントは見ているつもり。。。

まず、何と言ってもその描き方
好みもあるけど、いい加減なのは本当に酷い。
最初にいい加減のを見ると
“こんなモンかな。。。”
と、思ってしまうが、丁寧に書かれた品を見るとその違いがわかる。

そして、最後のマト(一番小さい人形)まで、丁寧に描かれているか
一番目、二番目のマトはキレイに書かれていても
その先の子達がいい加減な事は良くある。

それから、中のマトリョーシカの数
いくつ中に入っているかで、値段が変わって来る。
これは大きいから沢山入っている訳ではなく
5cm程度の小さなマトの中に10個も入っている物もある。
逆に大きくても中に1つしか入っていないのもあり、それは値段に反映して来る。

基本的には、数が多い方が高い

大きい物は小さい物より高い事が多い

が、小さいからと言って、安い訳ではない
上述の様な、5cm程度の大きさの中に10個ものマトを入れるのは
作るのも、書くのも大変なので、それなりの値段になる。

私としては、小さく細々とした物が好きなので
つい小さいマトを買ってしまうが
飾る為に買うなら、それなりの大きさがあった方が良い。
これは、見た目だけの問題ではなく
例えば5cmの10個入りだと、
チマチマしたものをどんどん開けて行く楽しみはあるが
最後の一つは小さ過ぎて、無くしてしまいそうで
飾っておくのは怖い。。。

例えば、こんなマトリョーシカ。

mato1


1個目〜3個目

mato2


4個目〜6個目

mato3


7個目〜9個目

mato4


そしてこの中に。。。

mato5


10個目。

mato6
流石に10個目には顔が書かれていないけど、ハッキリ言って9個目を開けるのも大変な程小さい。

バックのペンと大きさを比較して頂くと、その小ささが良くわかると思う。

ちなみに、こんな感じの品物が
アルバート通りで3,000ルーブル(約9千円)程度の値段がついている。
もちろん、交渉次第で安くはしてくれるけど。。。
ヴェルニサージュ市場では、格段に安く買えます。
こちらも交渉次第ですが。。。(ーvー)


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 00:54│ブログランキングPermalinkComments(6)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote