銀座
2011年05月28日

反原発が反原発を駆逐する。

訳あって、一時帰国中。

あまり長くもない帰国期間中に、まんまと梅雨入りだなんて。。。orz

今日もそんな梅雨空の中、こんなモンが開催されるとのことーー

くり返すな!原発震災 つくろう!脱原発社会〜原発も再処理もいらない!〜
5・27集会と銀座デモ(東電前を通って)

主催が老舗の反原発団体の原子力資料情報室という事もあり
グズつく空模様の中、参加して来た。

まずは日比谷の野音にて集会。

ざっと見た所、1000人程度だろうか。。。
時間が進むにつれて、その後、2〜300人位は増えたかもしれない。
金曜日の夜だし、天気も良くないからだろうか。

それよりも気になったのは。。。

527_1

どうも集まっている団体に偏りがある。。。

527_2

いや。。。もちろん、どんな団体と一緒に訴えてもいいんだけど。。。

527_4
壇上で、緑のスーツ着てるのが瑞穂ちゃんだよ。

会の冒頭では、社民党の福島瑞穂ちゃんもスピーチ。
。。。ま、基本、あまり好きじゃないけど、脱/反原発の考えは支持しますよ。。。

しかしね。。。

527_3

こういうノボリはどうなのさ。。。

反原発を訴えるノボリに紛れて。。。

『日米軍事同盟の強化反対』

とかなんとか書かれている様に見えるのは、気のせいでしょうか。。。
それとも、早々と老眼が始まってしまったのでしょうか。。。(ーー)

小1時間程、瑞穂ちゃん含む、NGOや反原発民間団体の方々の話を聞き
その中で、子供たちの被爆量が1mSvになったという話や
5月7日のデモで不当逮捕された参加者が、つい先ほど釈放されたという話もあり。。。
しかしその間も、なんとなく落ち着かない気分のワタシ。。。
何か嫌な予感がしていた。

集会の終わりには、どこのどなたか存じませんが
おそらくお世辞なら「ウマい!」と言える程度の方がギター片手に
(おそらく)反原発の歌を歌いだし。。。
しかし、スピーカーから流れる音楽と、歌声が合っておらず
後半は拷問かと思いました。。。
(ご本人ごめんなさい、でもマジです。)
(たぶん)オリジナルのその歌を歌い終えたと思ったら
斉藤和義本人による替え歌の「ずっとウソだった」をこの方が歌いだし。。。
しかし、それも歌う気があるのかないのか分からない様な。。。
練習ならマイク切ってくれ、って思っちゃいました。。。
(ごめんなさい、正直な気持ちです。)

さて、まぁ、そんな諸々はこの際どうでもいいでしょう。
集まった目的は、反原発ソングを聴く事じゃぁありませんからね。

それにしても、日本のデモってのは、ずいぶん細切れにされちゃうもんなんですね。
野音を出る時に、既に50人位ごとのグループに分けられて
チマチマと繰り出しましたよ。。。
ドイツのデモなんか、全く切られる事なく固まりで訴えてたけどねぃ。。。
そんなんだから、野音会場出るまでも結構時間掛かった。


順番待ちしている間に

「プラカード持ってない人いますか〜」
「持ってないと、何訴えてるか分かりませんからね〜」
「左の方で受け取ってください〜」

とか言われました。

いえ、ワタクシは結構です。
プラなくても、参加してりゃ言いたい事分かんだろ?!

何でしょう。。。この緩い強制感。。。(ーー;)

しかし、せっかく来たんだから、歩きますよ、銀座の町を。。。

前方では大きくシュプレヒコールを上げ
その後ろのやや静かな固まりにトボトボとくっついて歩く。。。
中部電力東京支部の前で、しばし留まり訴え
さらに歩を進めて東電を目指す。

527_5

そんな中で、少し別の事を考えてボーッと歩いていると

辺野古がどうとか。。。
米軍がどうとか。。。

。。。え。。。?


消費税。。。
菅政権。。。


。。。何?!


ハッとして列から外れた。

何なの?

何を訴えてるの?

反原発のシュプレヒコールに混じって、皆も声を揃えて叫んでいる。

原発をなくしたい、
安全な日本にしたい、
そんなデモじゃないの?!

一緒に歩いていたグループを後に、2、3前のグループまで見てみた。
他のグループがどんな事を言っているのか確かめたかったのだ。
幸い私が聞いていた時には、原発以外の事は訴えている様子はなかった。

527_6

いくつかのメディアも取材に来ていたので
私の居たグループの映像が撮られていない事を祈るばかり。。。

帰ってきて調べてみると、どうも“ある思想”に偏った団体が多かったようだ。

別にその思想自体の否定は全くしない。
人それぞれ色んな考えがあっていい。

でも、脱原発を訴えるためのデモでしょ?
辺野古の事だって、アメリカとの関係だって考えなきゃいけない事には違いないけど
ここに紛れ込ませていいはずがない。


こんな事をしているから、

反原発が「イデオロギー問題」として避けられてきたんじゃないの?


こんな事をして問題を混ぜこぜにするから、

反原発が「変人」とか「赤」とか言われてきたんじゃないの?


こんな事をしているから

反原発を政治利用していると言われるんじゃないの?


純粋に原発が必要だと思っている人たちを
原発はいらないと思っている人たちの敵とは思わない。
両者は話し合う相手。
安全で安心な社会を作りたいと願う気持ちが同じである限り敵じゃない。

でも、今、この状況にありながら
反原発を利用しようとする人たちを
私は仲間とは思わない。

反原発の中にも、反原発の敵が居る。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 00:53│ブログランキングPermalinkComments(20)TrackBack(2)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック