日本食
2010年04月28日

日本食レストラン『青空』

久々の味噌ラーメン。

aozora2

大変美味しゅうございました。(ーvー)

炙りサバ寿司。

aozora3

こちらも大変美味しゅうございました。
しかし、シャリは少々残念な感じでした。

ここは、ホテル・スプートニクの1階に入っている

日本食レストラン「青空

家からはあんまり便利な場所ではないので、頻繁には行かないが
週末、久しぶりに伺った。



マグロを買いに。。。



週末はこのレストラン青空にて

まぐろ解体実演・即売会!!

が行われた。

先日、某所でもマグロ解体ショーが行われたばかりだが
性懲りもせず、またまた行ってしまった我が家です。

しかし実演は先日タップリ見させて頂いたので
今回は夕方にブツだけ買いに行き、ついでに食事をして来たのだ。

ブツは事前に予約済み。

先日のマグロがあまり良くなかったので、今回は1サク(約250g)だけ。。。
と、思って相棒ぶひに予約を頼んだのだが
何故か、2サク予約していたぶひ。。。

ちなみに

赤身 550ルーブル/g
トロ・中トロ 650ルーブル/g

赤身とトロを1サクずつ予約を入れたが、
トロが無くなってしまったので中トロになります、という事だったらしい。

ま、合わせて円換算1万円くらいですが。。。

(ーー)

そして、これがそのブツでございます。

aozora4
どうみても赤身な訳ですが。。。(ーー;)


大変美味しゅうございました。


え?
赤身?!

いやいや、中トロの方ですよ。

だって、値段が中トロの値段ですからねぃ。

赤身の方と比べると、筋が入ってるか入ってないかの違いくらいで

一切脂はありませんがねぃ。

ええ、ええ、ワサビがつぅぅぅ〜〜んと効く程の

サッパリとした、まるで美味しい赤身の様な中トロですがねぃ。。。

とても美味しかっただけに、潔く

「赤身しか取れませんでした」

と言って欲しかった。。。

(ーー)



てか、こんな事ばっか書いて、いつかモスクワで嫌われる予感。。。(: ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

aozora1
内装もオサレだよ〜♪

==========
レストラン 青空
Ленинский проспект, дом 38,
ホテル・スプートニク 1F
+7 (495) 930 5830


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 00:26│ブログランキングPermalinkComments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2010年04月05日

解体まぐろショー。。。

地中海産天然!本まぐろ

解体ショー&直売フェア

62キロのまな板の上のまぐろちゃん
その場で解体、さく取り処理して販売いたします。



と、ジャプロさんからご連絡あり

フカフカのスポンジじゃないマグロ、
ガスマグロじゃないマグロを買えるチャーンス!

と、いそいそと出掛けて行った土曜日の午後。。。

ジャプロの前の道には

kaitai2kaitai1
やはり、日本の冷凍車は性能が良いのだろう。。。

見覚えのあるマークの冷凍車が。。。!

貴重なまぐろさん、
きっとこれで運んで来たに違いない!!

あ、でも“生”なんですよね? (^^:)


1時過ぎに着くと店内には既に。。。!!

kaitai3




。。。微妙な人数の人で賑わって(?)いた。

(ー∀ー)


解体は黙々と進められ、

kaitai5


“解体ショー” (☆゚∀゚)




。。。と言うには若干地味だけど。。。

主たる目的は“マグロ”そのものなので、特に不満はありません。(ーvー)Y


で、その肝心なマグロさんは。。。

kaitai4

ほぼ赤身。

いえいえ、ホントのマグロの味は“赤身でこそ”分かるそうな。
こちらから見る限り、ほとんど脂が見えなくても文句ありませんよ。
我が家はトロも中トロも予約してませんし。。。

マグロと言うのは、非常に見分けが難しいらしいですね。
築地なんかで売られているマグロは、尻尾の部分を切り落として
身がどんな感じか見て選べる様になってるんですよね。
それでも、当たり外れがあるようで。。。
買い付ける人もそれなりの“目”が必要ですし、大変ですよね。(^^;)

ちなみに、今回のマグロさんは尻尾付きでしたね。
尻尾切るのは日本だけなんですかね。

。。。と、何故かマグロの説明をし始めるワタシ。。。

早速半量を“漬け丼
”にして頂きました。

kaitai21

美味しそうでしょう?!

とってもサッパリとしたマグロでございましたよ。
マグロでこんなにワサビが利いたのは久々の感覚でございますな。
(ー∀ー;)


残りの半量は、数日熟成させてから頂いてみようと思います。

味が変わるかもしれませんからね♪

(゚∇゚ ;)エヘッ!



人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 00:57│ブログランキングPermalinkComments(10)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2010年03月09日

うどんやさん、という名のうどん屋さん

モスクワ在住邦人の中では既に超有名な
ジャパニーズ・ファーストフード

うどんやさん(УДОНъяСАН)
という名のうどん屋さん。

udon1

日本でも有名な讃岐うどんの『はなまる』
の、ロシア店と思いきや
よく調べてみると、元社員が独立して作った模様。

udon3

注文もファーストフードスタイルだから
ロシア語が分からなくても、指止しで

うどんだけでなく、カレーや丼物もある。

udon4

お客はほぼロシア人。
てか、モスクワでは日本人ターゲットのビジネスが成り立つ程邦人人口多くないし。。。

私が頼んだのは

udon5

天ぷらうどんコンボ。
(エビ天うどん、グリーンサラダ、おにぎり2ヶ、ほうじ茶)
220ルーブル(約660円)也。

バーガーキングのワッパーコンボとだいたい同じ値段なので
ファーストフードとしては合格点のお値段設定でわないでしょうか?


味は日本と変わらないが、猫舌のロシア人に合わせて
汁の温度を低めに。。。


という事らしいが、正直、ぬる過ぎ。(ーー;)
できれば、もう少し“温かい”方がより美味しいと思うが
麺も汁もおいしゅうございます。
(汁は塩っぱい時もあるけど。)

おにぎりは。。。

udon6

コメがバリバリでやんした。
丼物なら、このコメでも大丈夫かもね。

==========
うどんやさん



人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 23:43│ブログランキングPermalinkComments(11)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2009年10月10日

黄色いカブ。

いつもの市場で、黄色いカブ発見。

色が黄色いだけで、大きさも、葉の部分も

まさにカブ。

kabu1


モスクワでは
コールラビ というカブに似た野菜は手に入るが
いわゆる“日本のカブ”は、なかなか手に入らない。

しかも、こんなに奇麗
な状態のカブ!

切ってみると


kabu2

中は白い、普通のカブの色。


浅漬けで食べようか、
煮物にしようか、

久々のカブ
大切に料理せねば

ヾ(=^▽^=)ノ



。。。


。。。


ん。。。?


少々香りが。。。


ん。。。?


んん〜〜〜〜〜っ????

。。。


なんと表現したら良いのか。

セロリよりも数段キツい臭いを発する“根セロリ”と
大根を混ぜた様な臭いなのだが。。。
なんとも強烈で、鼻を突く様な臭いなのだ。

この時点で、浅漬けや煮物などの
“素材の味を生かす料理”は却下


急いでネットで調べて、
評判の良さそうなカブのレシピ“ショウガ炒め”に挑戦するが。。。

火を通せば、あの強烈な臭いはなくなるものの
少な過ぎる水分量
(しかも、部分的に“す”が入っていた)
強烈だった香りを引きずった微妙な味。。。

。。。



さよおなら、黄色いカブ。。。





さよおなら。。。




↓↓↓↓

↓↓↓↓

↓↓↓↓





ダストシュート。



(ーvー;)



========ぎっくりのその後========

昨日の朝、無事に日本に着きました。
ご心配頂いた皆様、どうもありがとうございました。
着いてすぐに“怪しげな病院”に行き、今はかなり良くなりました。
とても興味深い病院なので、後日レポートを上げたいと思います。
それにしても、コメント、メール等、励ましや体験談等
色々頂き、とても嬉しかったです。
そして、思った以上にたくさんの人が“ぎっくり”していた事に
びっくりでした。(^^;)
ロシア在住、ぎっくり経験者も、そうでない人も
寒さはぎっくりを誘発します。気を付けましょう!!





人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 21:56│ブログランキングPermalinkComments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
2009年09月16日

何だか分かんないけど、煮付けた。


フランス系の大型スーパー、オーシャン(Auchan)
ロシアではアシャーン(АШАН)と言う発音らしい。

そこで、こんな魚を見つけた。

キンキパック



。。。。




キンキ?





ラベルを見ても良くわからず。。。

キンキラベル

カナダから来た“らしい”事は分かったが。。。

買ってみた。


キンキ?





。。。





キンキ???




煮付けて食ってみた。



nitsuke




キンキってば、キンキ???


続きを読む

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 17:30│ブログランキングPermalinkComments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック