緊急時
2011年11月24日

緊急メール、来た?

お知らせ(モスクワにおける緊急事態対処訓練の実施に関するお願い)

というメールが大使館から来たのは11月16日の事。

==========

11月22日(火)に当日本大使館では,緊急事態対処訓練を実施いたします。
この訓練は,国内では【東日本大震災】,国外では【アラブの春】などの緊急事態
が国内外で発生したことを受け,これらの事案を教訓に,想定以上の事態が発生し
ても対応できるよう緊急時対応を強化することを目的としております。
この機会を捉えて,在留邦人の皆様におかれても,緊急事態に際して,どのように
対処していくかを是非とも平時の時に今一度お考えいただければ幸いです。
つきましては,訓練当日13時から14時半までの間に,当館から皆様のメールア
ドレスに,緊急事態が発生したことをお知らせする訓練メールを2回配信いたしま
すので,当館が作成しましたマニュアル(添付:当館ウェブサイトに掲載されてい
るモスクワにおける安全の手引きの緊急事態対処要領を改訂しました)の中の
チェックリストを参考にされ,緊急事態の際にどのように対処するかをご点検いた
だけると幸いです。なお,ご多忙の時でもありますので,この点検を当日に行う必
要はありませんので,お手すきな時にご点検頂きますようお願い致します。

==========


と言う訳で、一昨日がその訓練の日。

モスクワ生活も慣れて来ると

意外と安全じゃね?

とか調子に乗ってくる事があるので、時々喚起される事は非常に良い事と思ひまする。

まぁ、私がモスクワに来てからだって、
2度の大きなテロ事件、昨年夏の森林火災による被害等の事を考えても
モスクワ住人は、非常時を想定した生活が必須だよね。

残念ながら、“テロ事件x2”の時も、“森林火災”の時も
大使館からの連絡はすこぶる遅かった印象が否めない。
1回目のテロはTwitter、2回目のテロは友達からの電話&海外ニュース(BBCやCNN)で
第一報から、状況が明らかになるまでのほとんどの過程での情報を得た。
森林火災の時の対処は、地元の病院のネットワークからの情報とTV・ネットで探した。

いずれの時も、大使館から連絡が来たのは時間が結構経ってしまってからで
その内容のほとんどは、他のメディア等の情報でとっくに知っていた事だった。

今回の“訓練”は
不測の事態が起きた事を想定して、“緊急”のメールを送る(受け取る)というもの。
在モス邦人に、いち早く状況と対応等を知らせる手段の訓練。

さて。。。

在モス女子の皆さん。。。

どれくらいの方が、このメール受け取りました?

例えば我が家では、そもそも大使館からのメールは相棒ぶひの所へしか届きません。

確かめる事が出来ないので不確かではありますが
大使館からのお知らせメールは、在留届をネットで行った人に届く模様。
しかも、デフォルトでは世帯ごとに1つのメールアドレスしか登録出来なかった模様。
だとすれば、大抵の家庭では世帯主のメールアドレスが登録されている。
だとすれば、大抵の家庭では世帯主は、日中は会社員として働きに出ている男性諸君。
だとすれば、大抵の家庭の世帯主は、緊急の事態が起きた時は

オフィスに居る可能性も高いのではないだろうか。
だとすれば、ロシア人や、ロシア語堪能な日本人やらに囲まれ
インターネットもテレビもすぐ側にある率が高く
迅速に情報にアクセスし易い事は自明の事。


買い物に出てるかもしれなかったり
子供を学校に迎えに行ってるかもしれなかったり
友達と遊び呆けてブラブラしてるかもしれない女子達の方が
緊急事態時の情弱(情報弱者)になり易いのではないだろうか。


では、そんな緊急事態が本当に起きたとして
大使館からの緊急メールが男性諸君の元へ届いたとしませう。。。

そんな時に限って、彼らが海外出張だったら?!

海外に居れば時差もある事だし、メールに気付くのが送れる可能性は大。
慌てて家族に連絡した時には、
既に事態は悪化していた。。。なんて想像楽勝なんですが。。。(ーー;)


在露日本大使館のHPを見ても、
メールアドレスを気軽に追加登録出来る様なシステムは備えておらず、
実際には、今回連絡が来たメールにも貼られている連絡先:

ryojijp@mw.mofa.go.jp

とか、直接大使館(領事部)に電話で連絡すれば登録はしてくれるのだが
出来れば、その旨を一言HPに載せておいてくれる、とかしてくれると
大使館との距離が縮まると思うんだけどねぃ。。。


が、しかし。。。仮に在モスの女子達が全員メール登録出来たとしても
実際にタイムリーに、その情報を受け取れるのは
スマホを携帯していて、データ通信の良好な場所に居る人達と
家に引きこもってネットにかじり付いて居る人達のみ。
(ー∀ー;)←どっちにも該当しそうな、女子として若干の残念臭が漂う人。。。

でもそれって、かなり限られた人になっちゃうよね。

だから本当はSMSとかで、短い第一報を知らせてくれると
詳細情報は分からなくても「何かあった」って事は分かるので
各々がそれなりの行動をとる事に繋がると思うんだけど。。。
これは実はSMSを送信するのに料金が発生するため
予算を整備するのにも手間もヒマも掛かって大変らしい。。。
やっぱお役所ってのは、右足を半歩前に動かすのも一苦労なのね。。。(ーー;)

まぁ、色々と問題はあるけど、こういう機会に
家族や会社との連絡をどうするのか、確かめておくのはいいかもね。

今回の試みは、大使館が初めて試みた第一歩。
これからも、このような安全対策を色々と考えて、試行して行くとの事。

出来れば今回の訓練で、ただ緊急メールを送信するだけではなく
受信者がいつメールを認識したか
家族全員が確認したのは何時頃だったか等のフィードバックを取ってみたら
メールだけで、どの程度の機動力があるのかの目安になったと思うけどね。
それくらいの協力するの、在モス邦人としてやぶさかでない、よね?!

モスクワ滞在安全マニュアル」も、いつの間にか更新されていたので
この機会に、もう一度確認しておくといいかも。


 お知らせメールに添付されて来た
「※緊急事態に備えての心構え及び対処要領」も、ちゃんと読んでおこう。。。
※メール届かなかった、等の理由で手元になくて、読んでみたいというリクエストがあればアップします。


自分が被害にあってないと「安全」って勘違いしちゃう事も多いけど
モスクワは、他の都市に比べてもそんなに呑気で居られる場所じゃないからね。
何か疑問に思ったり、困ったりした事があれば、躊躇わず大使館に聞いてみませう。
。。。って、こういう事しちゃう女を2ちゃん辺りで電凸鬼女って言うの。。。(ーー;)?


本日の格言:

備えあっても憂いあり。
けど、備えあった方が憂い軽減するなり。(ーー)b


人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ
risurisu_journal at 23:06│ブログランキングPermalinkComments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック